ベトナム釣行記「タイの釣り博、インターナショナルタックルショー」

2016年4月30日

タイの渋滞はひどい、釣り堀から2時間以上かけて会場に到着した。セントラルという大きなショッピングモール内で開催されており、会場に近づくにつれて、長い竿袋をもった釣り人をちらほら見かける。日本のフィッシングショーと違って商品販売が行われているようだ。釣り堀では驚くほど高級タックルを使用しているタイロコアングラーをよく見かけたが、タイでの釣り市場がどれほどの盛り上がりか、この目で早く確認したい。

まず入り口では、ボートのエンジンがお出迎え。すでにビッグフィッシュの雰囲気。エスカレーターで二階会場入り口に移動すると、小さなショップの物販で埋め尽くされていた。オリジナルルアーを販売する店舗多数。特にチャドーに特化した、ジャンピングフロッグはタイの名物。

日本のブランドも出店あり。シマノが一番大きなブースを出して新製品を展示していた。スミスブースにはおなじみの大久保幸三さんがいらっしゃった。スーパーストライクの決めポーズで写真を撮ってもらった。

タックルベリーも店舗を出していた。タイに来た時はいつもお世話になっている店長のSさんと情報交換させていただく。実は私は2011年に日本に一時帰国していた時に、タックルベリーでバイトをしたことがある。その頃は今ほど釣り商品について詳しくなくて、買い取ったルアーの仕分けも出来ず、お世話になった店長には迷惑をかけた。だが、この経験がもとで中古釣り具屋の魅力にどっぷりハマり、バスでもシーバスでもおおよそメジャーなルアーであれば、ブランド名や商品名、サイズ展開、そしてその市場価格帯など、把握することができるようになった。稼いだバイト代以上にタックルベリーで買い物をして、貢献してきた実績もある(笑)。

Sさんに、明日天然チャドーを狙うことを告げると、ぜひ紹介したいルアービルダーがいるからということで他ブースに連れていっていただいた。UDDYさん。なんでもタイでは有名なスネークヘッドハンターで、彼の作るバズベイトは実績が高くオススメのようだ。Pさんに通訳になってもらい、UDDYさんの情熱的なルアー解説に聞き入る。とにかく経験から生まれるデザインを追求されており、ぜひ使ってみたくなったので弟のお土産分を含めバズベイト4本とスピナーベイトを1本購入した。彼の手がけた製品はシンガポール、マレーシア、ラオス、カンボジア、そして日本と、アジア圏で雷魚ハンターに支持され、活躍しているようだ。

様々なブースを回って思うことは、日本のコピー商品が多いことと、ブランド名によく分からない日本語が使われていることだ。これはシドニーに住んでいた時も釣り具屋にいけば同じだった。日本の釣り具が世界でよほど信頼されている証拠だろう。今こそ日本の釣りブランドは、狭い国内市場を飛び出して、世界を股にかけて勝負する時がきているのだ。

ベトナム釣行記「釣行記:タイ釣り遠征初日」

2016年430日釣行

ベトナムは長期連休が少ない。旧正月を除けば唯一の4月末の連休は、妻が一時帰国しているのをいいことに、釣りで完全消化してやることを思いついた。両親が住むタイはバンコクに飛んだ。

父が空港に迎えに来てくれた。車中で父の部下であるタイ人のPさんと談話する。心強いことにPさんは大の釣り好きで、明日はパイロットという有名な釣り堀で一緒に釣りをするのだ。

次の日、早朝6時過ぎにPさんがアパートまで迎えに来てくれた。バンコク市内から約1時間の道のり。高速をビュンビュン飛ばせばあっという間に着く距離だ。

釣り場に着くと、いつものように1人500バーツを支払い、レストラン内でゆったり準備。今回すでに4、5回目のチャレンジだが釣り堀ならではの釣れる・釣れないパターンを経験してきたので、今日は今までの釣れるパターンを再現してみよう。

スタートは7時半。まずはチャドー池でバズベイトゲームから始めた。前回は早朝に岸際で勢いよくチャドーを水面バイトさせて気持ちが良かった。今回はどうか?ひとまずやってみたが、反応しない。その後色々なルアーでも攻めるが釣れない。

一方、同行した父は開始早々良型のバラマンディを釣りあげ、得意気。エアーオグルでのゲット。

そのうちチャドー池で餌巻きタイムが始まった。池の管理人が死んだティラピアを水面にまくと一斉にナブラが起きる。唯一の爆釣確率変動チャンスに人が群がり、腹を減らしたチャドーがどんどん釣られていく。こういうときは出来るだけ変わったルアーを使って入魂することにしている、前回はスーパーシャッドラップを、周りがドン引きするような水柱を立たせて水面爆撃キャッチ。いろいろなルアーを試してみると、ボイル時でもルアーによって食いの良し悪しがあることがわかる。ちなみにスーパーシャッドラップの食いは良くなかった。この餌巻きタイムは、日によっては全くサービスなし。連休などで釣り客が多く、かつ高プレッシャーでなかなか釣れない時に発生するスペシャルなイベントのようだ。

今回は餌巻きバトルには参加せず、少し離れてトップウォータールアーを投げ続けるが反応はない。そうこうしていると対岸にいたPさんの竿が曲がる。しっかり食わせてチャドーをキャッチ。ワームのボトム攻めのようだ。いいなぁ。

ここでチャドーを諦め、バラ池に移動。あまりの釣れなさぶりに前回アタリが続いたワーム+ジグヘッドを試す。普段ソフトベイトを使わないので、手持ちのメバル用ジグヘッドにピンテールワームをセッティングする。周りを見ると釣れているアングラーは決まってこのリグを投げている。一投目、ボトムをゆっくり探ると、いきなりひったくるようなバイト!と、同時に軽くなる。回収して針先を見るとグンニャリ状態、やはり無理があったか。

そこで一つだけボックスに入っていた太軸ジグヘッドに交換して同じように攻める。速攻ヒットするも、なんと今度はラインブレイク。回収したリーダーがざらついていたため、深く吸い込まれて運悪くファイト中に歯で擦れたようだ。最後の頼みの綱が切れてしまい、打つ手がなくなった。また釣れない時間が続く。

そうこうしているうちにお昼の時間が近づいてきた。今日は父の会社関係のメンバーがここのレストランに集まり、釣れたバラマンディーをご馳走するという、釣り人頼みの予定になっている。未だ食料未調達。

このタイミングで、撹拌器にスイッチが入り池に水流が発生した。酸素量が増えるので、普段変化が少ない釣り堀の魚の活性が上がるのでは、と期待して撹拌器の横に陣取る。すると、近くで管理人が今度は生きティラピアをでかいバケツから岸際に放流した。その瞬間、眠りから覚めたようにあちこちの水面で捕食音が響き渡る。必死にとっかえひっかえルアーを投げ込むが不思議に釣れない。周りの釣り人も釣れない。たまに足元で岸際に追い込んだティラピアを捕食するバラが見える、ティラピアは必死で逃げている。

ハッと気づき、シャッドラップを投げていた私はハンドルを限界の速さで巻いて、逃げ惑う魚を演出してみた。すると、いきなりバイト。小さめだが、昼食にちょうど良いサイズのバラが釣れた。もちろんキープ。

同じ場所で、同じことを試す。岸際平行にシャッドを投げて水に馴染ませたあと、水面付近を一気にかき回す。ゴツン!またヒットした!わはは、どうやらパターンをつかんだぞ。

結局、シャッド鬼巻きパターンで活性の高い魚が5本ほど連続で釣れた。場所を移動して同じように攻めると、連日のプレッシャーでルアーを見切ってる魚が嘘のように食いついてくる。やはり釣り堀には釣り堀の有効な攻め方があり、魚影が濃い分そのまま釣果となって反映されるため、わかりやすくおもしろい。

いいタイミングで会社の関係メンバーがやってきたので、しばし釣りを中断して釣りたてバラマンディをいただく。タイ風の酒蒸しがうまい!日本だとなかなか食べる機会がない魚なので、パイロットに来た際は是非お試しすることをお勧めします。受付の女の子に魚を手渡せばOKです。

そして、午後。何やら風が強くなり雲行きが怪しくなってきた。話によると、タイはここのところひどい干ばつが続いており、数ヶ月全く雨が降っていなかったようだ。今朝死ぬほど暑かったのに、急に肌寒くなった。これは一雨きそうだ。このタイミングでレストランからでて、チャドーの池まで出向いてみた。

すると、トップウォーターに出まくっていた!池を囲む釣り人の竿が次から次にぶち曲がり、チャドーが取り込まれる。一気にアドレナリンが噴出し、とりあえずバズベイトから投げ込んでいく。納竿予定時刻まで15分しかないので、焦りは募るばかり。両隣のアングラーは次から次にヒットさせるも、どうも私のルアーには反応しない。なぜだかわからないが、見よう見まねでスイムベイトを引き倒す。普段はただ巻きで使っていたが、竿でアクションを与えてルアーをゆらしてみると、ノラなかったがその瞬間に魚が反応した。

これだ!どうやらアクションの緩急が肝だ。タイムリミットまであと5分、スイッシャーを投げ込み緩急をつけて連続高速リトリーブをすると、狙い通り水面バイト、ヒット!なんとか一本ゲットできた。

お隣で爆釣していた日本人の方にお話を聞いてみると、ここ数カ月間でもあり得ないような好反応だったようだ。やはり天候の変化で活性が急激に上がったということで間違いないだろう。ここで時間いっぱい、納竿としたが、夕方からはPさんの案内で、タイのフィッシングショーに行くこととなった。たまたま開催のタイミングが重なっており、タイの釣り事情を知るにはもってこいのイベント参加に眠気も吹っ飛ぶ。

ベトナム釣行記「釣行日記:コロソマ釣りPart.3」

2016年4月24日釣行

ここのところ天然バラ狩りに行けていないが、その分コロソマ堀に通い詰め、できるだけ数多く、そしてできるだけ大きい魚をルアーで捕るための研究を続けている。今日は釣り仲間のYさんと彼の息子さんと合流してのんびりフィッシングをする予定だ。

朝一で釣り場に着くと、Yさんはなんとテンカラ竿を調整中。ベトナムで出会った釣り人は経験豊かなエキスパートが多く、Yさんもその一人だ。だから話は尽きないし、勉強になることだらけだ。釣り以外でもそうだが、仲間と刺激し合えることは己の成長に確実にプラスに働く。

早速一級ポイントの桟橋からいつものようにCDで攻めると、すぐに反応あり。小さいが簡単にコロソマを釣り上げた。その後は違うパターン研究のため、クランクベイトに付け替えて攻める。皿池はポイントの変化に乏しいため、ルアーを岸と平行にアプローチすると、丁度壁に追い込む形で捕食する活性高めな魚を狙えるので、闇雲にロングキャストするより釣れると考えている。

早速ボサ横を狙うと、すぐにアタリが出るが乗らない。もう一度同じコースを通すとヒット。引きは弱いが、なんだこの黒い魚体?キノボリウオかと思いきや、これは、、、ライギョー!Babyクランクにて非常に嬉しい一本。ベトナムで初ライギョ!ハノイに住んでいたころから釣ってみたかった魚!久々に感動できる「釣れた」魚だ。狙って釣れるようにならないかな。

ポイントを小移動して釣りをしていると、入り口の方からルアーマンが二人こちらに歩いてくる。珍しいな、と思ったがなんのことはなくVADの先輩メンバーおふた方だった。NさんとYさん。Nさんがコロソマ50Upを釣られているので、早速その時の状況をヒアリングしたところジグヘッド+ワームのボトム攻め。私は普段ワームを使用しないため次回ジグヘッドを買って試したい。Yさんは5インチはあろうかというソフトベイトで釣る気満々。いまだにこのサイズでコロソマを釣り上げた人を見ていないので、チャレンジャーの動向は気になるところ。Nさんは3インチほどのグラブをセットしたところ、早速魚と格闘している。簡単にコロソマを釣り上げられた。

その後食いが渋り、しばし沈黙。Yさんはたくさんアタリがあるものの全くノラない様子。魚体数は多いため、魚に当たってる回数も多いはず。私はルアーを諦め、先輩の練り餌を失敬して餌コロにトライ。すると速攻反応あり。簡単に釣れた。その後も連打で釣れたのでルアーを投げる気が失せて納竿した。

なかなか爆釣パターンは見つからない。

ベトナム釣行記「釣行日記:コロソマ釣りPart.2」 

2016年4月10日釣行

今回はルアーチョイスを幅広く試そうと様々なタイプのルアーを持って行った。昨晩は飲み会で泥酔し、今日は遅めの午後3時スタート。ガビーん、先客発見、ポイントの桟橋横のレストランが完成し、ビール飲みながら釣りしていらっしゃる。仕方なく、池の周りのポイントをゆっくり回ることにした。以前釣れたポイントは反応なく、さらに歩いてキャストを繰り返す。ルアーもチェンジしてフォールを中心に探る。周りはじめて池の二つ目の角に来た。やはりカウントダウンに頼ってフォールと早めリトリーブ回収を続けている時、ようやくヒット!

やはりフォール着底直後は釣れる。

しかし、この後が続かない。隣接した池を試すが、イマイチ。

炎天下の中、キャストを繰り返すが、反応無し。夕方になるにつれて、エサ釣り師が二組来たが、釣れていない。

すると、対岸の先客がついにお帰りになるようだ。ゴルフカートみたいなのに酔っ払いオッサン5人ほどが乗り込み、真っ赤な顔して去っていった。早く帰ってくれと唱えていた呪文が効いたようだ。

すぐさま早歩きでポイントに向かう。餌をたくさん撒かれたあとだが、どうだろうか。

すぐに反応が出た。とにかく魚が集まっているようだ。この時は早巻時に喰った。フォールとコンビネーションでカウントダウン5を投げ続けた。針は標準サイズを使っているので、ドラグはゆるゆるだ。ちょうど夕まずめと重なり、三本キャッチ。

まあまあの釣果と言えるが、今日一番の釣果はこちら!

なんと60cm近いコロソマが捕獲されていた!釣りの最中に巨大な尾びれが見え、桟橋に結ばれたロープを引き上げてみたところ、この怪物が出現!釣り仲間のNさんも50オーバーを捕獲されていたので、期待していたが本物は圧巻の大きさ。さすがに今のタックルだと取り込みできないのではないかというデカさ。いつか釣ってやるぜ!

ベトナム釣行記「釣行日記:コロソマの釣り堀」

2016年4月2日釣行

バンコクに住む父がホーチミンに出張で来ていたので、一緒に釣り堀に行った。ここビンセン2は、おそらくHCMCで最大面積を誇る(なんと8ヘクタール)釣り堀レストランだと思う。週末のバラ釣行お休みの時など、コロソマ(タンバッキー)がルアーで割と簡単に釣れるので、娯楽の少ないホーチミン市内でもよく通ったお気に入りスポットだった。それが1年ほど前に池の工事を始めてからパタリと釣れなくなり、残念ながら足が遠のいていた。

しかし、今月のVAD定例会で、ある先輩からフレッシュな情報を入手。最近また釣れるようになっているようだ。写真をみせてもらうと、ソフトルアーでなんと50cmオーバーを釣られたみたい。ただでさえ暴力的なコロソマの引きが、どうなっちゃうのか?それで入れ食いなんて聞いたからには、いてもたってもいられず、速攻調査に向かった。

釣り堀に着いたら、まずは腹ごなしから。ここのレストランの料理は大して美味しくないが、春巻きはスパイシーで結構おすすめ。ほかに海老の串焼きを頼んだ。しばらくしてまずはエビの頭の素揚げが運ばれてきた。もしやと思っていると、海老の刺身登場!やっぱりオーダー間違ってるし。まあええか。

これは以前他のレストランで食べたことあってうまいんだけど、食あたりになりそうなデンジャラスな雰囲気がプンプンする。日陰でビールをあおり、エビを食べて、竿を振る。これがHCMCでの真面目な遊び方。

食事をしながら、食べきれないエビ刺身を針にセットし池にぶっ込み、のんびりスタート。しかし、なぜか一度も当たりなし。さっさと切り上げて、本命狙いに奥の池に移動。

過去実績の高いカウントダウン7を投げる。一投目、いきなりヒット!
上がってきたのはキャットフィッシュだった。しかしスレがかかり。

気を取り直して、少し場所を移動。二投目、ガツンと手元に伝わるバイト!ガツガツとした引き、これは喰ってるなと嬉しくなる。そして、

釣れたのはやっぱりコロちゃんでした!本当に久々の再会、会いたかったぞぉー。

しかし、この一本でルアーが破壊された。コロソマの強力な顎にはやっぱりバルサじゃ弱すぎるか。よく釣れるんだけど、他の代替ルアーも探さないと。

2投連続ヒットに気を良くしたものの、あとが続かない。父は相変わらずエサ仕掛けを放り込んでいるが反応はないようだ。とりあえず池を一周して反応を見てみる。ルアーをひっきりなしに交換して試してみる。

しばらくやって何度かバイトが出た。当たりルアーはやはりカウントダウン、それも着水直後のカーブフォール中に特に良い反応を示すことがわかり、同じやり方で2本追加できた。池の中央にヤル気ある魚が溜まっているようだ。

パターンが分かったので、ここからは父に釣ってもらおうと対岸から呼び寄せた。カウントダウン5を渡し、やり方を説明すると、早速ヒット!初めてのコロソマの引きに、驚きつつも相当楽しんでいる様子。しかし、釣り初心者の父は、ランディング寸前でバラシ。竿のテンションがゆるんだことが原因だ。

気を取り直してキャストを続けると、すぐ次の魚がヒット!桟橋の上から釣っていたのだが、これもランディング寸前で足元の橋げたに巻かれてバラシ。なかなか思うように釣れないのもコロソマの魅力ですなあ。

炎天下の中釣りをしたので、日焼けで肌がヒリヒリする。今日は面倒臭くて日焼け止めクリームを塗らなかったのは失敗だった。午後2時頃、約2時間の釣りを終えた。父は残念ながらコロソマを釣り逃したが、いつの間にか餌でボウズ逃れのナマズを釣っていたみたいだ。

ちなみに使用したタックルは、アライくんロッド+Abu 2500c。この日、実はアベイル製ウルトラライトレベルワインダーを換装して初めての実釣だった。ポイントでは向かい風が強かったにもかかわらず、空を切り裂いてカウントダウンをぶっ飛ばしてくれた。以前に比べバックラッシュも激減し、もはや言うことなしだ。家にまだ数台2500Cを所有しているので、今後徐々にアップグレードしていく。絶対オススメ!

最後に、ビンセン2は釣りをしなくてもオモシロイ。ローラースケートを履いた兄ちゃんが広い敷地を光GENJIのように華麗に滑り料理を運ぶ姿は必見だ。たまにコケる子もいて飽きさせない。またウェイトレスはブラ丸見せシースルーのセクシーなアオザイを着ているが、別の竿で釣る気にならないよう重々ご注意願う。

以上、これだけ楽しめれば十分か。コロソマ堀復活をここに宣言する!