ツララ ジェットセッター 61C と シマノワールドシャウラツアーエディション 1652R-4 の比較

新たなる相棒、シマノワールドシャウラツアーエディション 1652-R4 が我が家にやってきました!
これからじっくり使い込んでいく前に、元相棒のツララ ジェットセッター61Cと徹底比較します。メーカーが公表していないところも見ていきます。

ロッド重量(自宅にて計量):
1652-R4 約139(公表値145)g
61C 約159g

1652-R4 グリップピース約107g
61C グリップピース 約110g

1652-R4 ファーストからサードピース 約32g
61C ファーストからサードピース 約49g

トリガーのポイントからグリップエンド長 (自宅にて計測)
1652-R4 約27cm
61C   約30.7cm

トップガイド内径
1652-R4 約5mm
61C   約3.5mm

第5ガイド内径
1652-R4 約5mm
61C 約4mm

最終ガイド内径
1652-R4 約8.5mm (トップから9番目)
61C 約8.5mm (トップから10番目)

上記比較データを踏まえわかることは1652-R4は61Cより約20g軽量な割にロッドの長さがあるため、ブランク自体が相当薄く、軽くできています。
その上全てのガイドが61Cより大きく、ダブルガイドラッピングが施されていることからもブランクの重量差が顕著です。実際に継ぎ目のブランク側面を確認すると厚みに大きな差が見られます。

ロッドを曲げて比較してみたところ、61Cのほうがティップが入りやすく、セカンドピースも柔らかく曲がる反面、サードピースは固いです。1652-R4は全体的にパワーがある割にサードピースにも弾性がありベントカーブはスムーズです。竿を曲げてパッと離すとブランク素材の特製の違いからか、1652-R4は竿先のブレの収束が早いです。スパイラルXやハイパワーXの恩恵もあるかと。

他に気づいた点としては1652-R4は並継で61Cは逆印籠継となっています。並継はGT竿にも使われ、ジョイント部の強度を強く仕上げることができます。また61Cが小径のKガイドであるのに対し、1652R-4は通常の形状です。ガイドの通りだけでなく、飛距離にも差が出てくるかもしれません。

外見については、やはり大手のシマノは各箇所に見た目プラス機能のため相当なコストをかけていることが目に見て取れます。例えばコルクグリップにしてみても美しくきめ細やかでピタっと手に吸い付き気持ち良いです。オールドスクールな61Cのデザインは愛機2500cにもマッチして好きでしたが、今こうして比べてみると同価格帯のロッドとは思えないほどです。贅沢を言えば、できればインドネシア製ではなくMADE IN JAPANの刻印で世界の土俵に立ちたかったところですが、非常に高品質な仕上がりをみると、これも時代の流れかと納得しました。

61Cで本当に厄介だった結束箇所のガイド詰まりは、1652-R4に50ldリーダーを通しても問題ありませんでした。折れる気配もなくパワー十分、おまけに軽くてトラブルレスなら釣旅の相棒としてはもちろん、普段使いでも強力なパートナーとして活躍してくれるでしょう。歓びが満ちてきました(笑)。

テスト釣行では感度の高さに驚きました。ここのところ低感度のタックルを使っていたせいもありますが、ここまでルアーの振動やボトムタッチした時の底質を感じ分けることがロッドでできるのかと感心しました。パックロッドを感じさせない軽さや感度を備え、おそらくパワーも十分な1652-R4をこれからじっくり使い込んでいきます。ちなみにサスペンド仕様ログのジャークベイティングで冬バス一本入魂完了です。2018年締めの魚となりそうです。

ツララ ジェットセッター61C 出会いと別れ

IMG_8409 copy.jpg
ツララ ジェットセッター61C で獲った最大魚91cm、タイの釣り堀VIPにて。

海外遠征用のハイエンドパックロッド、どれがいいのか迷うところですね。

私は長年ツララ ジェットセッター61Cを使用してきました。一個人のインプレではありますが参考にしてもらえれば幸いです。

2015年1月の発売当初に新品購入し、4年弱に渡りベトナム、タイ、日本の三国でたびたび活躍してくれたジェットセッター61Cを手放すことにしました。

今回は長年旅の相棒であった61Cについて、いいところもいまいちなところも語り、感謝をこめて贈る言葉をつづっていきます。

出会いのきっかけはベトナム駐在時代、釣り仲間の先輩からジェットセッターって知ってる?とメールで教えてもらったことでした。

当時、天然バラマンディをザラスプーク+ベイトタックルで仕留めようと躍起になっておりツララのモレーナ53を検討していました。

ザラを投げ倒したにもかかわらず、念願のザラバラは一本も獲れず一年近くもボウズをくらいましたが(笑)。20回ほどの釣行のうち合計バイト数は5,6回、全部空振りでした。とほほ。

IMG_2443.jpg
2015年3月、念願の初バラマンディ。ザラスプークへの異常なまでのこだわりを捨てたらすぐ釣れた。ルアーはラパラ フラットラップ8。

苦い思い出はさておき、その先輩とのメールのやりとりが残っていました。

ーーーーーーーーーーー

(ジェットセッターって知ってる?とメールをいただき、)

情報ありがとうございます。早速チェックしておりました。実は、ここ数日は夜も寝れないほど悩んでおりました。

まさに61Cか、53モレーナ、どちらにするか、です。

好みは断然61C、イラストレーターのタキシンデザインのケースも最高にイイですねえ。この強さのパックロッドでいい感じのがなかったので、あるとこの先長く使い続けると思います。まさに旅に出たくなるロッドですね。

ただ、ザラのようなトップ投げまくろうとしたら53だと思います。61Cのテーパーの記載がなくて、できればレギュラーからスローがいいんですよねえ。勝手な想像ですが、61Cはファースト気味のレギュラーかと、想像しています(スピナベ、ジグロッドの記載あり)。

それと、やはり耐久性に関しては継数少ない方が強いですよね。ただ、飛距離がどこまで出るのかは、投げてみないとわかりません。経験上5ftから6ft程なら長さの違いより、どれだけ曲げられるかで飛距離が変わると思っているので、大丈夫そうかなと。でも、全然飛ばせないかもしれません。投げてガッカリしたくはないけど、ダメでもフローター出せば良いかと開きなおってます。

61Cを知ってしまったため、自分で色んな言い訳作って、二本行きそうです。ああ、助けて下さい。釣り道具病にかかっています。

アドバイスありがとうございました。

また相談させて下さい。

ーーーーーーーーーーーー

翌年2016年にシマノワールドシャウラツアーエディションが発売されたことからもわかるように、この当時ジェットセッターは怪魚&パックロッドブームの先駆けでした。

結局釣り道具病は悪化して、モレーナ53と61Cの両方をほぼ同時期にいってしまったのです。

ロッドの特性は上記の想像通りでした。

実際のところベトナムでの天然バラにはモレーナ53を愛用し、61Cの出番はほとんどありませんでしたが、日本への一時帰国やタイへの釣行ではまさに「旅するロッド」として活躍しました。

4年弱所有してみて、よかったところと、イマイチだったところを羅列します。

◯よかったところ:

  • 見た目
  • 長さ(仕舞寸法も)
  • コンパクトだから機内持ち込みもOK
  • ロッドケース(かっこいい)に収納すればスーツケースに入れても大丈夫
  • ジェットセッターを感じられる所有感

×イマイチなところ:

  • 価格
  • 重い
  • ガイドが小さい
  • 耐久性
  • 修理も高い

おかっぱりからでは少々短いけれどもモレーナ53を多用した理由は、61Cのイマイチなところをカバーしてくれていたからです。

重量は61Cが約160g、モレーナ53は約120gと大きく差があり、ミノーのジャークを多用したベトナムのバラマンディ狙いでは61Cは厳しすぎる重さ。

そのくせ61Cは明らかにガイドが小さく30ldリーダーでさえも巻き込み時にFGノットの結束部分が引っかかりストレスを感じます。50lbなら無理したらガイド破壊しちゃうんではないかとビビるほど。おかげでストレスを減らす結束のコツを見つけましたが。余談ですがポイントはリーダーの余りをライターで炙ったあと、ハーフヒッチをコブまでずらしてリダーの余分をゼロにすること。

で、耐久性と修理に関しては後述しますが、ぱっと見継ぎ目の華奢さから1oz程度からフルキャストを躊躇してしまう61Cにくらべ、モレーナ53は軽い割に非常にタフな作りで、宣伝文句のとおり筋肉のようなブランクスが1/4oz程度の軽量プラグから40g程度でもダブルハンドキャストでぶっ飛ばすことができました。かつガイド抜けは太いリーダーでもへっちゃらです。

そんな61Cはベトナムのおかっぱりでは自宅待機でしたが、そのかわり旅先でたくさんの思い出を作りました。

日本出張の際はいつもデカいスーツケースに61Cとリールやルアーその他道具を忍ばせており、同行した同僚は不審がっていました。

まさか夜な夜なホテルを抜け出し、相棒とリバークルージングを楽しんでいたとは思わないでしょう。

IMG_2661 copy.jpg
ティップが弾きやすいがロッドパワーは十分。61Cと初めての日本出張にて。

ある時は人知れず電車に揺られ、ある時は自転車で小道を巡り、釣り場についてロッドケースから若草色の相棒を取り出し、組み立てる時の高揚感はいつでも最高でした。

あの時までは。

2017年7月中旬、その日私はタイのパイロット111にいました。朝一でバラマンディを一本釣り、チャドー池に移動。トップには反応なかったものの、バイブレーションのリフトフォールで一本釣った次のキャスト直前、ラインの通りを確認(リーダーのガイド抜けが悪いため)するために何気なくルアーを竿先で軽くふった瞬間、シャクトリムシが体を曲げるようなゆっくりとしたモーションでロッドが音もなく折れてしまいました。一瞬なにがおきたかわからずフリーズしたのですが、確認してみるとファーストピースとセカンドピースの継ぎ目の根元から折れ、セカンドピースの印籠がファーストピースにハマって抜けない状態となっていました。たまたまサブロッドを持っていたので釣りは続行できましたが、翌日の釣りにも支障がでました。ほんの一週間前の釣行で90cmオーバーのバラマンディまで釣り上げたのに急になぜ?

翌月にもタイの出張&釣行予定があったため、日本に戻ってすぐに販売店にメールをいれ、保証期間外の有償修理の案内をお願いしました。自分にミスがあったとは到底思えませんでしたが、経年疲労による折れで仕方ないのかもしれないと自分を無理やり納得させるつもりでした。

しかし、有償修理の値段を聞いて心臓が止まりました。セカンドピースの交換だけで、送料など含めて約1.8万円です。それでも修理をしなければただの棒と化すわけで、選択の余地なく修理を依頼しました。5万円の竿でしたから、約7万円も費やしたことになります。購入してから約2年半が経過してはいますが、旅釣行以外は家で留守番していたので、稼働日数はとても少ない割にあまりにも高い出費。それでもこれから長い間、また良き旅の友として付き合っていければいいかなと思っていました。

翌月、セカンドピースを交換した61Cは何事もなかったかのようにタイのチャドーやバラマンディをキャッチしました。でも私と61Cの関係は以前と変化していたことに気づいたのです。また突然折れるかもしれない、もし次折れたらさすがに1.8万は出せない、そんな不安が釣りの最中頭によぎるようになっていました。一方、サブロッドとして使っていたシマノのルアーマチックが非常にいい仕事をしてくれたことも要因です。がんばロッドシリーズと称して実売価格5000円程度で流通しており、随分と昔に購入してタイに置きっ放しにしていたB58Lでしたが、61Cが戦線離脱のなか90cmに迫る大物バラマンディにのされつつも折れる心配なく釣り上げたのです。低カーボンの2ピースという違いがあるにしろ価格は10倍以上の開き。そして110gと非常に軽い。4ピースとはいえ費用対効果を考えると61Cはあまりに高く、重く、なによりも脆すぎるんじゃないか、遠征先で簡単に折れるのならロッドとして全く信頼にかけるのではないか、という思いが募ったのです。

IMG_8590 copy.jpg
ルアーマチック58Lで獲った85オーバー、釣り堀でヘビータックルの必要性はなし。シャッドラップ5のフックは#8、リールは2500c

そして12月、別れを決断するのに決定的な事件が起こります。

修理以来実質2度目の使用でした。再度パイロット111に来ていたのですが、61Cで朝一番からバラマンディを2本釣り上げ、上機嫌で釣りを楽しんでいました。3本目のバイトを感じ、フッキングがきまった直後のファーストランで「ボキッ!」という音とともに魚の重みが消えました。ロッドが中間から折れてました。幸い魚はついていたのでそのままリールだけでするすると巻き上げてキャッチ。所詮40チョイの小さなバラマンディ。意気消沈しましたが、持参していたルアーマチック58Lで釣りを続行しました。

たまたまその決定的な瞬間を頭に固定していたビデオカメラで撮影していました。釣りを撮るためだったのに皮肉なものです。家に帰ってスロー再生で何度も見返しました。たまたまでしたがキャスト直前にロッドのコミを確かめていました。だから継ぎ目にズレはありませんでした。今回はセカンドピース下部のブランク部分が真っ二つに折れたのです。つい半年前に交換し、使用回数二度目のピースです。今回は間違いなく、品質不良だと思いました。過去に転倒や不注意でロッドを破損したことはありますが、思い当たる節もなくロッドが折れた経験はありません。61Cに限ってはそれが二回も。日本に戻ってから販売店に電話とメールで事情を説明しました。後日、担当者さんから販売店代表に確認していただき、特別に無償対応としていただきました。

竿は直って大変ありがたかったのですが、折れた心は元に戻りませんでした。原因も判明せず、次こそ折れたら1.8万円の出費かも、という不安は払拭されませんでした。

61Cのブランク強度は決して高くないと思います。そして厚みはあるけど、ねじれやすい。前々から気になっていたセカンドピースから下のベントカーブの違和感は、その箇所から真っ二つに折れてしまい不安的中としか言いようがありません。

パックロッドデザインの難しいところかとは思いますが、61Cのサードピースは非常に硬く、まさに今回破断した箇所に負荷が集中するテーパー具合かと思います。でもそこは5万円の竿、やはりユーザーとしてはメーカーを信頼して購入し、期待をこめて竿を振っていたわけです。

先月、再度61Cでパイロット111に挑戦してきました。二度目の修理以降、ほんの数回のみバスとナマズ釣りに使いましたがバラマンディははじめてです。結果90cm近い大物もキャッチでき特に問題はないように思われたのですが、できるだけ竿に負荷がかからないような非常に浅い角度でのリフトしか怖くてできませんでした。たくさん魚は釣れましたが、やはり信頼関係は修復できませんでした。

61C、いままでありがとう!

IMG_0340.JPG
61Cで釣った魚で一番印象深いのは日本出張中にPOP-Rで釣った多摩川45オーバースモールバス。思い出を共有した相棒との別れは正直さびしい。

次はシマノ社のワールドシャウラツアーエディション1652R-4を旅の相棒に迎えることにします。実売価格とロッドパワーが近く、気になっていました。

製品が高品質なことはちろん、ユーザー目線のアフターサービスで何度も大変お世話になり、少年時代から大好きなブランドです。大人になってからはハイエンドリールもたびたび購入しましたし、持ちつ持たれつの関係も良好といえるでしょう(笑)。

パックロッド恐怖症の深い傷は果たして癒えるのでしょうか?それともパックロッドは所詮パックロッドなのでしょうか?非常に楽しみです。

物の良し悪しはあるにしても釣り道具は体の延長、かかりつけのお医者さんのようにメーカーとユーザーの信頼関係が一番大切ではないか、という結論です。

ベトナム釣行記「無人池、ついに怪物と遭遇」

2016年10月23日釣行


いつものようにA先輩にバイクでピックアップしてもらい二人で仲良くバス釣行。はじめにダニ池に行くが、ため池を修理しているらしく急遽無人池に変更となった。釣り場について水面をチェックするとなにやら生命反応がいい感じだ。しかし、岸際を中心にシャッドラップのジャークでリアクションを誘うもアタリなし。

しばらく粘っていると、Aさんにヒット!随分と竿が曲がっており様子を見守っていると、銀の魚体が大ジャンプ!今までに見たことのないようなビッグサイズが姿を現した。何度も横っぱしり沖の杭に巻かれそうになるが、Aさんの執念で寄せてくる。私はボガグリップを握りしめ、絶対にバラさないぞ、と気合をいれる。
顎の一点を狙いボガをかけた。でかい、重い!79CM、6KGオーバーの巨大魚とご対面だ。仲間のキャッチは自分の魚のように嬉しかった。

無人池名物の巨大魚祭りが今年も始まったのか?俄然やる気が出て二本目のビッグサイズを狙うが、その日はこれで終了した。人の魚だが、私も記念撮影をさせてもらった。いつか自分の手で釣ってやる、と誓いをたてた。

ベトナム釣行記「ダニ池単独釣行」

2016年10月16日釣行


先週は父に誘われベトナムに赴任して初めてのゴルフデビューを果たしたが、5、6年ぶりの慣れぬスイングでつい力み、筋肉を痛めてしまった。プレー結果は、もともとド級の下手くそなのでお話にならないレベルではあるが、一緒にプレイした友人のアドバイスを少々聞いただけで空振り三振から途端にボールが飛ぶようになった。アドバイス通り自信を持ってフルスイング、頭はブラさない。この二つを意識しただけで、見違えるほど上達したのだ。この二つは釣りのキャスティングにも通じる要素である。たとえショートキャストする場合も、己を信じてしっかり竿を曲げるとコントロールも良くなる。頭固定の重要性は過去にも記述した通りだ。釣りは生き甲斐であり休みも限られておりなかなかゴルフに気が向かぬが、プレーヤーに迷惑をかけない程度の社交ゴルフスキルは今後のビジネスでも必要かと思う。できれば釣りの接待ができれば最高なのだが。

さて、序盤から話は逸れたが、本題は釣り。今週はカンヨーバス釣行のため、朝5時に自宅を出発しフェリー乗り場へとタクシーを飛ばす。ここのところ大雨が続いており途中の道路は冠水状態。同行者2名はバイクを運転してくると聞いていたので、若干心配していたが予想が的中した。フェリー乗り場で待機していると電話が鳴る。やはり冠水道路を突破できないということで、同行者2名は出発前から戦線離脱した。昨晩の大雨と大潮のタイミングが重なり予想外の水量となったためだ。

これで一人になってしまった。帰宅という選択肢も頭をよぎったが、楽しみにしていた釣行をこのままで終わらせるわけにはいかない。ということで以前からやってみたかった単独釣行を決行した。フェリーもバスも乗れるようになっているし、ベトナム語がわからなくても何とか池の管理人と交渉できるだろう。


フェリーを降り、バスに乗り込み、スマホのGPSで位置を確認しながら目的地を目指す。今日はもともと同行者と無人池のボートに乗るつもりだったが、さすがに一人で操船はできないので、ダニ池の水路撃ちに決めた。バスを降り池の入り口まで歩く。いつも手土産を渡すのだが、今日は同行者にお願いしており手ぶら。大奮発の10万ドンなら問題ないだろうと、紙幣を握り管理人にシンチャオと挨拶する。お金を渡してあっさり関門通過。お茶飲んでけ、なんて気を利かせてくれたが、コンサオ(気にしないで)、シンカモン(ありがとうございます)と私の数少ないベトナム語ボキャブラリでうまく切り抜け水路へと急ぐ。朝マズメにお茶を飲む余裕などないのだとは、ハナから説明できない。


水路に到着し、タックルの準備をする。今日はボート乗船の予定だったのでアライくんロッドと2500cの一本のみだが、水路撃ちにはバッチリだ。さて、どのルアーから攻めるか?やはり本命のジグヘッドリグを結んだ。水路の流れは激流となっており、バラマンディは流れの中心を避けて岸際のくぼみやストラクチャーに着いているに違いない。忍び足で怪しいポイントに近づきフリップキャストでピンポイントを攻めていく。すぐに答えは出た。岸際のくぼみポイントに流れに乗せたルアーを誘導してアプローチすると、まさかと思うほど狭いスペースから魚体が飛び出した!

くぼみから流れに急突進した銀の塊は、はじめ上流に突っ込み抵抗を見せた。もしこの激流に乗って下流に走られたらマズイと思ったが、バラマンディの習性だからか、それともすぐに水門があるので行き止まりと知っているのか、流れに頭を向けた状態で大人しくなった。無事ランディング。釣り開始5分の出来事だ。狙い通り最高の一本、45cm! 天然バラマンディの自己最高記録だ。もしかしたらVADにも入賞できるサイズかもしれない。ブラックバスのフローターフィッシングのようにポイントを予測して、キャストを決め、バッチリ釣れた時の感動に勝るものはない。それにしてもバラマンディとは、流れとストラクチャーが絶妙に絡むポイントであれば、こんなに簡単に釣れる魚だったとは。以前も水路で釣り開始食後に何本もあげているので流れを利用して捕食ポイントで待ち構える魚であることは間違いない。しかし、まだまだ生態の解明調査は始まったばかりだ。


そのあとも水路に絡むマングローブの隙間にルアーを落とし込むと、どんどんバラマンディがアタックを仕掛けてきた。しかし全て突くようなショートバイトでフックアップしない。魚体が見えるのでエキサイティングだが、なぜガッチリ食わないのかはわからなかった。バイト後にルアーを変え探ってみるも無反応。気まぐれではない何か原因があるはずだが、結局手がかりをつかみきれずそのあとはノーキャッチで終了した。本池も一通り試してみたが反応なし。昼頃に流れが変わり、水路から本池に水が流れ混んできたタイミングに集中して流心付近の反転流が巻いているポイントに魚が付いているかと信じて投げ続けたが反応は得られなかった。この日のバイトは水路で計6回、通常では考えられないような状況であった。
納竿、またバスに揺られ帰宅した。

ベトナム釣行記「ビンセン夜釣り」

2016年10月


今日は平日だが、仕事後久々にビンセンに出向いた。というのもVADで知り合ったYさんと食事をしながらの夜釣りに興じるためだ。彼も私も音楽が大好きで、バンドマントークで盛り上がりながらビールと餌釣りを楽しむ企画である。帰宅後すぐに着替えてニャベ地区のビンセンに向かったが、あいにくの大渋滞に巻き込まれる。近頃HCMCの渋滞状況は日に日に悪化する一方だ。インフラを整えなければ、近い将来大問題となることは目に見えている。

恐縮ながら大遅刻をしてビンセンに着くと、すでにYさんは竿を出して楽しんでいた。早速私も竿セットをお借りして、餌の鳥レバー(味の素付き)をノーシンカーでブッコむ。すぐにアタリが手元に伝わりフッキングを入れた途端、横に走る強烈な引き。ファイトを楽しみながら寄せてくると、30cmちょいのコロソマが浮いてきた。キャッチ。続いて仕掛けを投入すると、すぐにヒット。あまりにも簡単に釣れるので、ルアーマンとしては釣るプロセスにおいて物足りなさを感じるが、ファイトは強烈でやり取りのトレーニンングには最適だ。


次に餌を変えてナマズを狙ってみる。Yさんによると、どうやら10kgを超える大ナマズがこの池に入っているようだ。以前55cmオーバーのコロソマを実際に確認しているので、そんな怪物がいてもおかしくはない。ブン(米粉の麺)を飴玉大に丸め、味の素をふりかけて投入。Yさん曰く味の素が決め手らしい。これまたすぐに魚がヒット。確かに味の素効果が出ている気がする。この魚の引きは先ほどとは違い、随分と重たい。予想通り、大きなナマズが上がってきた。3.5kgのグッドサイズだ。合流早々に本命を釣り上げ、Yさんの活性も上がってきた。釣り分け方法はわからないが、ブンが効くのは間違いない。


たまにはこんな気軽な釣りも面白い。竿は置き竿にしてドラグはユルユルに設定。ラインが引かれれば、急いで竿を持ち上げフッキング。空振りもあれば、がっちりかかる時もあり運任せの釣りだ。結局本命はこの一本のみだったが、Yさんも帰宅寸前に本命を一本釣り上げ、楽しい釣行となった。次は家族を連れて、のんびりフィッシングに興じてみようと思う。