ベトナム釣行記「将棋池フローター」

2016年5月14日釣行

同行者は4名おかっぱり、私だけフローターで通称将棋池へ行くことになった。フクアン渡しと呼ばれている場所からボートで池に渡してもらうので、重いフローターを持っていっても気軽に釣りが出来て嬉しい。準備と後片付けの時間は多少かかるが、荷物を背負っての徒歩に比べれば天国である。

池に到着して、さっそくフローターを膨らます。同行者はすでに岸からルアーを投げているので気持ちは焦るばかりだ。さっそく入水してめぼしいポイントを回る。最近は沖のマングローブ周りより管理小屋のある岸側に魚が溜まっていると睨んでいるのだが、同行者がいるときはポイントを荒らさないように沖に出る。

水質があまり良くない感じがしたので、風通りが良くや流れがありそうな場所を重点的に狙うが結局反応なし。ベイトがたまっていた水路も攻めてみるが、異常無し。ここで早めの移動号令がかかる。どうやらMさんが小型バラを1本釣られたようだ。お見事!

そそくさと片付けを済まして、ボートで船着場に戻る。次は近くのバラマンディ堀でボウズ野郎達の心を慰めてもらう作戦だ。このバラ堀は、コテージが設置されており、ビールでも飲みながらゆったりと釣りができるため家族連れでも安心、安全の釣り場だ。さっそくCD5を投げてヒットさせるもバレてしまう。みんなも好調に釣り上げているようだ。しかし、いまいちハードルアーへの反応がわるいため、Sさんおすすめのジグヘッドとワームをもらって試してみる。なにこれ、アタリまくりじゃん。今までの頑張りはなんだったのかというくらい効果は歴然。しかし、いいバイトが出た直後にラインブレイクでロストしてしまう。リーダーは25ldだったが、やはり呑まれてしまっては簡単に切れてしまう。

ここでストップフィッシングとなり、わたしは結局キャッチならず、ダブルボウズを食らって退散した。

ベトナム釣行記「アンタレスDC。すみません、ヤバすぎました。」

2016年5月10日

本日、夕食後にアパート中庭にて試投した。安全に気をつけて、また再利用も兼ねてアンモナイトシャッドのテールが切れたものをオモリに使用した。重さ:フック含め約18g、PE3号(ラインたくさんロストして80mほど)ロッド:モレーナ53、これにウミホタルを差し込んでいる。軌道が光って見えて、楽しい。

アンタレスといえばやはり遠投性能。あまりに凄すぎたので追加インプレ。今回は個人的な表現でこの異次元の飛びを以下、お伝えさせていただきたい。

まずはPEモードにダイヤルをあわせてブレーキをレベル6から下げていく。レベル6は安全モードって感じ♪

LV.5 安定モード、LV.4 めちゃ飛びモード、LV.3 激飛びモード(バックラ少し怖い)、LV2. 降参ですモード、LV1. 神様モード

LV. 6は普通の飛び、LV7&8はよほどの強風でなければ使わないでしょう。もちろんルアーが変われば違うインプレとなる。

LV.5から、アンタレス凄っ!という印象。LV.1、LV2.は追い風など良い条件であればいい感じだが、バックラに気をつける必要あり。シングルハンドキャストでMAX40mほど。すげぇ!

ブレーキを弱めればバックラしやすくなるのはアナログ制御と同じなので、ラインが浮けばサミングすれば良く、DC使用時における違和感などは感じない。それよりも飛行中の安定した無駄ないブレーキが非常に気持ち良い。

ここで、ある宣伝文句を思い出した。「ジムの記録はXモード、レベル5で109m越え!」。。。恐る恐るサイドパネルを開けてXモードにダイヤルを入れる、というのも前回空き地でトライした時はあまりの回転の凄さと、それでもバックラしない気持ち悪さ(良さ)におののいた。明らかに自然の法則を逸脱したデジタル制御が生み出す飛距離に、バックラッシュからのルアーロストを恐れてロッドを振りきれなかった。

今回もXモード一投目から、別ステージにおり立った感じがした。すごい飛距離だが十分安定している。Xレベル1.無重力の世界、的な飛び具合(最終的に私のお気に入りセッティグとなった)。このモード、ドラゴンボールの世界でいうならばスーパーサイヤ人。電子制御のパワーをビンビン感じながら安定してルアー飛行が楽しめる。

武道の世界であれば黒帯の初段か。それほどレベルひとつの違いが段違いの難しさとなり、しかし、確実にさらなる飛距離を叩き出す。私は結局レベル3までが限界だった。ちなみに前回試投した鉛チューンフロッグは後日計測すると3/4ozあったのだが、その時実はレベル5だった。あまりのスプールの回転の激しさに、キャストミスでスプールを抑えたところ、指がやけど寸前になったことは言うまでもない。

このリールは己のキャスティング技術がレベルの違いとして見えるような設定であるところが、素晴らしいと思う!万が一レベル8をフルキャストできるようになれば、おそらく世界一のキャスティングマスターとなっているだろう。

それでもレベル2をもし常に使えれば、釣り場ではヒーローになれるだろう。このセッティングなら50メートル近く投げられるかもしれない。

ということで可能性は未知数なアンタレスだが、逆に軽いルアーはどれほど使えるのか試してみた。

ワームを半分ほどちぎってキャスト、むしろ空気抵抗が減ったからか、同等もしくはそれ以上の飛距離が稼げた。頼もしい。

どんどんワームをちぎって6gほど(帰宅後計量)になったが、それでも25mほどキャスト可能。

最終的に4g(帰宅後計量)ほどを20m近く投げれるところまで確認できた。

ところで今回の計測はシングルハンドルキャストでのチャレンジなので、ダブルハンドルのサイドスローであれば飛距離は更に伸びるだろう。次は障害物なく広い場所にてチャレンジする。

価格もウルトラ高いけど、釣りを本気でやる人には確実にこの進化とその恩恵が、更なるレベルアップに導いてくれる、そんな溺愛できそうなリールをゲットできて大満足だ。シマノ、ありがとう!

ベトナム釣行記「レビュー:アンタレスDC右HG」

2016年5月5日

ついにこの日が来た。アンタレスDCを入手した!

そろそろ発売が近いのではと去年の年末からネットサーチしていると、思った通り発売が発表された。悶々と待つこと数ヶ月、4月28日に全国の店舗で販売が開始された。もちろん私はベトナムにいたが、ちょうど妻子が日本に一時帰国していたため、このチャンスを逃してなるものかと少ない預金残高を無視してネット購入し、妻に持ってきてもらうよう依頼した。

5月4日早朝、妻子がベトナムに到着。珍しく空港に迎えに出向く。はっきり言って自分の思考回路は小学生から変わらない。お察しの通り自宅に戻ると早速スーツケースから目当てのブツを出してもらう。大人なので、さすがに空港で取り出すわけにはいかなかった。

ついに、ご対面だ。おそらくベトナムではまだ誰も触ってもいないだろう。

思い返せば、アンタレスは中学生の頃から夢のまた夢のリールだった。いつか自分も手に入れると信じて十数年。ようやく憧れが、現実になった。世界一飛ぶベイトリール、その言葉だけで説明はいらない。

早速近所の空き地で試投してみた。

PE3号を90mほど巻いたアンタレスDCをモレーナ53に載せ、ウェイトチューンしたフロッグ(3/4oz)を結ぶ。

ブレーキは強めからスタート。楽勝に60mは飛んでいく。この時点ですでに目が点になる。かつて体験したことのない飛び具合。一段階ごとにブレーキ設定を弱めていくがバックラッシュする気配なく、確実に伸びていく飛距離に、もはや笑いが止まらない。ベトナムの炎天下の原っぱで、釣竿片手に一人ニヤけるおっさんの方が一般人には笑えるだろうが。

最終的にハンドル100回転を約80%ほどの力で飛ばすことができた。5ftのロッドで簡単に70m、80mを飛ばせるリールであることを脳味噌が受け入れられない。はっきりいってそんなバカな、という次元だ。もっと安全な場所で、長尺竿で、キャスト技術も磨いてと考えると、妄想で結んだルアーは宇宙まで飛んでいく勢いだ。まさに無重力、物理の概念を取り去ってしまった。

私はアブのクラシックリールに惚れており、最新鋭のリールは唯一2014年のカルコン200をバラマンディ汽水使用のために購入したきり。しかし、遠投においては話にならないほどのレベルの違いだ。そもそもなぜだかDCを邪険にしていた。使ったこともないのにコンピューター制御のリールなんて、とハナっから距離をおいていた自分を馬鹿らしく思う。今回最高峰のアンタレスであればDCを試してみたいと思い、実際に購入してみたことは大正解だった。何事も経験は大事。そして次は軽量ルアー用にメタニウムDCが気になってしまうのは自然の摂理だろうか。

ところで私はアンタレスDCを汽水域で使用するつもりだが、箱には淡水専用と記載してある。でも大丈夫、今回のアンタレスも某王様が海水でも使用に問題ないとおっしゃっている。これは私の弟がフィッシングショーで直接王様に質問したことなので間違いはない。もちろんボディはマグネシウムで傷みやすいかもしれないが、仮に多少塗装が落ちてもこの飛距離なら選択はただ一つ、アンタレスDCで決まりだ(後日注記:マグネシウムが劣化しますのでお勧めしません)。

釣具屋さんで試投会を開けば、この飛び具合に私みたいなDC童貞は即バイトすること間違いない。潜在的需要は大いにあると思う。こんなにやばい大人のおもちゃ、久々だ。

ベトナム釣行記「釣行日記:タイ遠征三日目」

2016年5月2日釣行

今日も4時半に起きる。毎日睡眠不足だが、不思議とアラーム前に目が覚めてしまうのは、釣り依存症という立派な病気を発症しているからとしか思えない。ロビーで待っていると前日に予約したタクシーが来たが、メーターは使いたくないらしく私を置いてどこかへいってしまった。これくらいは想定内のハプニングだ。すぐに次のタクシーと交渉し、乗り込む。YさんとMさんをピックアップするためグーグルマップを確認するもタクシーは明後日の方向に進んでいる。急いで方向修正するように運転手に伝えるが、全く聞いてくれない。どうやら似た名前のホテルに連れて行かれたようだ。ようやく間違いに気づき、ソーリーと言いながら来た道を引き返した。遅刻したが無事2名をピックアップして釣り場に向かう。それにしても、スマホやwifiのおかげで随分と勇敢に行動できる世の中になったものだ。

釣り場に着くと、さっそく餌まきタイムが始まっていた。結び目の余分を切る暇もなく速攻でPOP-Rをセットして投げ込まれたペレットの横に浮かす。すぐさまカポッとルアーが吸い込まれた。小さいがバラマンディをゲット。Yさんは初めてみるバラマンディに興奮気味だ。続いて2投目にもすぐ反応が出る。なかなか引くぞと思ったら、グッドサイズのスポッテッドナイフフィッシュを初ゲット!一度釣ってみたかった魚、それもグッドサイズが釣れたので、朝一から非常に満足できた。

餌まきが終わり釣れなくなったので、昨日のリベンジを達成するためにチャドー池でバズベイトを投げるも無反応。色々とトップルアーを試すが、結局反応を得られず手詰まりに。ここでバイブレーションに付け替えて、あることを試してみることにした。それは過去に日本人カップルが爆釣していたやり方だが、重めのバイブレーションを着水から限界のスピードでゴリ巻きすること。ものは試しと、やってみるとなんといきなり釣れてしまった。たまに鱗が引っかかり魚に当たっているようで申し訳ないが、この方法はボウズ逃れの最終兵器だ。おそらく猛スピードで突っ込んでくるバイブレーションに対して威嚇で口を使っているのだと思う。釣り堀という人工的な環境でのみ有効なメソッドは、他魚種でも色々と見受けられ、魚の習性を解読するためにもいい勉強になる。

続いてバラマンディの池では、前々日のシャッド早引きメソッドがまた効果を発揮した。岸際で追い込まれたティラピアがパニック状態で逃げ惑うようなアクションを演出すると、スレたバラでも食性本能に訴えかけるのか、不思議とヒットするから面白い。

ところで持参タックルがヘビーすぎて、なかなかパターンにはめられないYさんは、売店で3cmほどの超ミニ鉄板バイブを買って、不釣り合いなゴツイ竿とリールでバラをしつこく攻めていた。帰り際ようやく一本をキャッチして、タイ遠征ボウズの危機から脱した。サイズは出なくても自然と笑顔が溢れる。よかった。
次回はスピニングリールで臨む、とのこと。

Mさんもしっかりバラとチャドーをゲットされ、皆満足で帰路についた。MさんはベトナムVADの立役者だったが、これからはバンコクフィッシィングの新たな開拓者となって道を切り開いてくれるだろう。次回の同行を約束して、しばしの別れとなった。Yさんとも次回日本かベトナムでの再会を約束した。釣りを通じて、出会う仲間の輪はどんどん広がる一方だ。

ベトナム釣行記「釣行日記:タイ遠征二日目」

2016年5月1日釣行

昨日は朝から晩まで釣りアクティビティを楽しんだが、今日も疲れが回復する暇なく4:30に起床する。タイ遠征釣行のメインイベントだ。今回もモコリーにツアー予約してあり、昨年末にチャレンジした天然チャドーをリベンジするのだ。

早朝5時におなじみのモコリー仕様ハイエースが迎えにきてくれた。同行者は他3名。一人はVADのM先輩。天然チャドーは初めてらしい。あと2名が参加してくれたおかげで、ツアー料金が安くなった。車に乗り込んで簡単に挨拶する。一人はハノイ近郊に住む駐在員、もう一人は奥さんとタイ旅行にきたヤンチャな雰囲気漂うアニキ、Yさん。職業風貌関わらず、釣りという共通項のおかげで年齢関係なく話が尽きない。睡眠は足りていなかったが、このコミュニケーションも釣りの醍醐味、眠る暇を惜しんで情報交換をする。

バンコクから南東に位置するダム湖までは約2時間のドライブ。ガイドのサムさんが運転するハイエースが高速道路を快調に飛ばす。釣り場に到着すると、以前に比べて水かさが圧倒的に少ない。岸際には水性植物も生えていない。違和感を覚えながらボートに乗り込む。ガイドは前回もお世話になったネットさんだ。開口一番、午前中はカスープを狙い、午後に2時間ほどスネークヘッドを狙うというので、俺たちはスネークヘッドが釣りたいんだと伝えたが、どうもパッとしない顔だ。どうやら今は大減水の時期らしく噂通りスネークヘッドは厳しいらしい。

我々の希望通りスネークヘッド狙いで船を出すが、バズベイトを引きまくるも反応は全くない。東南アジアお馴染みの芝刈りエンジンで船を走らせてポイントを周るが、釣れる雰囲気はない。日が上がってきた頃、一同はカスープ狙いに切り替えた。

カスープは面白い魚で、群れでベイトフィッシュを追い込むため、海の青物のようにナブラが湧く。その一瞬のチャンスタイムを狙って、住居跡が沈んでいるポイントで船を旋回させながらナブラが起こるのを待つ。ナットさんは野生の勘が鋭く、魚の気配を感じることができるらしい。「スタンドバイ。。。」と言った直後、船の真横でナブラが発生した!必死でルアーを投げ込む。まずはネットさんがカスープをヒットさせた。なかなかナブラとの距離・タイミングが合わなかったが、私もようやく一本キャッチできた。その後さらに一本を追加。Mさんも一本キャッチし、午前の部は終了。

午後はスネークヘッドを狙い、ワンドのオープンエリアに船を止めた。杭が乱立しており時折スネークヘッドの呼吸が確認できる。呼吸で波紋が見えた瞬間にルアーを正確に投げ込む釣りだが、やはり精度と飛距離が重要なポイントとなる。しかし雲行きが怪しくなり、ここで納竿となった。結局ヒットはなかったが、ドキドキが楽しめる釣りを堪能できた。

もう一艘は、完全ボウズを食らったようだ。カスープが釣れなかったのはガイドの腕の差が大きいと思う。特にYさんは、スネークヘッド仕様の重装備を準備してきたのに、きちんと魚も狙えず残念そうだった。帰り道、釣りキチ達の釣り欲はやはり収まらず、明日は再度パイロットにてリベンジを決行することとなり、朝の待ち合わせなどを取り決めて帰宅した。