ベトナム釣行記「日本出張釣行三連発」

2016年7月


3泊と短いが久々に日本に戻ることができた。

日本に一時帰国したときに何が一番楽しみかといえば、釣具屋巡りである。ここぞとばかりに何時間でも居座って商品を手に取り隅々まで眺めていると、非常に癒される。興奮状態で財布の紐が緩くなっているので要注意でもある。18時頃まずは新宿サンスイに行ってみた。が、いつもの通りにあのブラックバスの看板が見つからない。まさかと思ってビルのシャッターを良く見てみると、なんと閉店していた、それも半年以上も前に。ショックを受けたが、急いで渋谷に移動して、上州屋とタックルベリーに突撃する。渋谷サンスイはまた次回のお楽しみ。

タックルベリーでは大好きな新古ズイールルアーが入荷しており、安くもないが、ついついテラーを購入してしまった。欲しかった1/2oz RSカラーをゲットだぜ。このルアーは総合的にやばいですぜ。 

続いて上州屋ではリョービのフィッシングサンダルを購入。なぜなら今晩は多摩川を攻めようと思っているからだ。昨年ホームポイントを訪れた時は大規模な護岸工事が始まっていた。今回グーグルマップで確認してみると、どうやら工事が終了したため大きく地形が変化しており、いいポイントがあった中洲までは川を渡らないといけないことがわかった。それでサンダルを履いて立ち込んでやろうと考えたわけだ。

帰宅後、母と外食をして久々にうまい魚を食べたため、ついつい酒が進んでしまった。ほろ酔い気分で家に戻って釣りの準備を23時過ぎに終わらせ、オールナイトに備えて多めに着込んで出発した。足元は当然サンダルで。電車を乗り継ぎフィールドに急ぐ。

案の定ポイントは変わり果てていた。鯉の夜釣りをしていたお兄さんに話を聞いてみると、やはり中洲は陸と分断され、渡れなくなったようだ。川岸まで近づいて確かめてみると、どうやら浅い瀬が続いており中洲に到達できそうだったので、躊躇なく入水した。思った通り水深は浅いが、苔で滑って転ばないように慎重に進んで行く。ベイトフィッシュが群れていたため、ここぞというところにジッターバグを打ち込んで行くが、ナマズらしき反応は無かった。そのかわり、コイがたくさんおり、ドボンと音を立てて逃げるので、結構ドキドキさせられた。

中洲に到達し、下流に移動しながらルアーを撃ち込んでいくが一切反応がない。いつものポイント周辺は流れが全くなくなっており水質も悪化していた。ベイトフィッシュも一切おらず、これはダメだと思った時には空が白みかけていた。ナマズを諦め、運試しにスモールマウスバスを狙うため近くの別ポイントに移動。昨年の春はPOP-Rをライズに打ち込み、ラッキーながら45cmの大物をゲットした場所だ。が、強運は続かず、今回はベイトの反応もゼロ。諦めて帰路についた。

その日の夕方は、多摩川に流れ込む小川を攻めることにした。東京に住んでいたころの近所の川だ。しかし、ポイントもわからないので川沿いの散歩道を歩きながら下流へと向かった。とくにめぼしいポイントが見つからぬまま1時間ほど歩き、日の入りが近づいたころようやく堰を発見。ここしかないとパックロッドをケースから取り出し準備を済ませる。この川にはコイが多数生息しており、時折餌やりのおっさんが通るため、釣りをしていると注意されることがあるのが非常に厄介だ。釣り禁止ではないのにいい迷惑である。

堰下に慎重に近づきキャストを決める。ポコポコとジッターを引いてみるがとくに反応はない。諦めて少し下流を攻めようと歩いてみると、前方から竿を持った高校生が現れた。さっそく話を聞いてみると、どうやらここははナマズの好ポイントらしい。毎日のように通っているらしく、昨日は雷魚が釣れたみたいだ。それもラバージグやワームに好反応を示すという。相当スレていると言っていたが、こんな細い川を毎日攻めたらスレるわけだ。

その地元っ子はキャストが非常にうまく、狙い所もよくわかっている。感心して見ていると、「きたっ」と竿を素早く煽った。惜しくもすぐにフックアウトしたが、魚が水面を割って暴れた。どうやらまた雷魚がバイトしたようだ。たしかに目視でも雷魚の姿が確認できたので、よほど良いポイントなのかもしれない。残念ながらここでタイムアウトとなり、1時間ほどの実釣を終了し帰路についた。

翌日は夜まで仕事と接待があり、宿泊先の秋葉原にあるホテルには明け方3時過ぎに戻ったが、ここで寝てしまっては釣りキチの名に傷がつく(?)ということで、酔っ払ったままその足で朝まずめを狙いに隅田川に向かった。狙いはシーバス。初めてのフィールドでそんな簡単に釣れるわけはないのだが、ポイント開拓も立派な釣りの内。例え釣れなくても、釣れるかもと思えればすでに楽しいのだ。目星をつけていたとある支流との合流点付近に着いたものの、水面まで到達するルートがわからず、ひとまず対岸に渡り橋脚を攻めてみた。反応を得られなかったのでテクトロでCD7を泳がせながら上流に向かう。ところどころにある橋脚の明暗を狙ってみるが反応なし。日が出てきたタイミングで別の橋から対岸に戻り、はじめに行きたかったポイントまで歩いて目指す。運よく道が続いており、そのポイントが視界に入ってくると、人が3名立っているのが見えた。近づいてそれが釣り竿を持った先行者だとわかると、さっそく情報収集に向かう。少しオシャレなおじさんと中学生二人の釣り人は家族ぐるみの付き合いで、夜はここでよく釣りをするらしい。頻繁にシーバスの上がるなかなかの好ポイントのようだ。早朝チャレンジは今日が初めてとのこと。

彼らと少し離れて魚信を探るが、とくに反応はない。下潮が効いてきて橋脚の下流には複雑な流れが出来ているが、おそらく狙いが悪くてシーバスを反応させられない。それもアンタレスDCといえどもベイトタックルで挑んでいるため、軽量ルアーは飛ばせず全く歯が立たない。結局我々四人誰にも反応なく7時過ぎにポイントを後にした。

残念ながら3日連続ボウズとなってしまったが、釣り人との出会いと新たなポイントという二つの収穫を得た有意義な釣行となった。今回は会社の出張旅行だが、そんな時でもスーツケースには必ず釣り具を忍ばせて空き時間にどこでも釣りが楽しめるようにしている。その相棒がツララジェットセッター61C。いつかはどこかの秘境で大物を釣り上げることを夢見て購入したが、普段のベトナムのバラマンディにも、日本出張のバスやナマズにも対応し(硬めだが)、値段に見合うしっかりした作り(当たり前か)なので旅行に連れ出すだけでワクワクできる冒険スティックである。

ベトナム釣行記「久々のバラ釣行」

2016年7月10日釣行

久々の天然バラ釣行だ。最近忙しく、2ヶ月ぶりの釣行だ。仲間に話を聞いたところ、先週はVADメンバー10名で各池に散らばり攻めたが結局誰もゲットならずだったようだ。今週も厳しい予感。

今日はASHさんと水面さんと一緒にローカルバス釣行。朝5時にASHさんに自宅からピックアップしてもらい、バイクでフェリー乗り場まで2ケツ。少し荷物を持ってきすぎたなあと反省。フローター釣りが基準になってしまって感覚がおかしくなっているが、さすがにバイク釣行にワンピースロッド持参は失敗だった。バイクが風を切り、風圧でロッドが脇に食い込む。でもこんな無茶苦茶ができるのもベトナムフィッシングの魅力か。

フェリー代は一人1,000ドンと安い。今日の釣り場であるカンヨー地区には、HCMCから観光客が多く訪れる。船上にはバイクにまたがる若者グループを多く見かけた。仲良し男女でツーリングかぁ、青春ですなぁ。10分ほど船に揺られて対岸に到着。ロッドが長く天井ぎりぎりだが、なんとかバスに乗り込む。トコトコ走るオンボロバスの窓は全開だ。特にバス停もなく、道端で手を挙げるお客を順々とピックアップする。40分ほどで我々の目的地に到着。バス代は6,000ドンなり。

今日のフィールドは通称ダニ池。呼称の由来は初釣行時にメンバーに原因不明の赤い湿疹ができたことから。おそらくダニが多いということで、虫除けスプレーは必須。マングローブジャングルに入る前に念入りに体に振りかける。

池まではひっそりと薄暗い水路が続き、いかにもな雰囲気のベトコンフィッシングだ。早速タックルを用意しピンスポットを狙って、隠れている魚を探す。

奥に進んだところでASHさんの竿が曲がり、魚体がはねる。「バラやっ!」がバラし。水面さんが、足元のオダに結構隠れているよ、と解説。それならと根掛かり防止でジグヘッド+ワームに変更。コロソマでも活躍したケイテックのシャッドをセットして、オダの隙間に落とし込んでいくと、ギラッと魚の反転が見え、手元に引きが伝わった。難なくキャッチ。まさにバス釣り感覚の一本、こんなに簡単に釣れるならワームの釣りにもハマりそうだ。

直後に水面さんにも釣れたようだ。ひょっとして今日は活性高いんじゃないですか!?

しかし、メインの池に到着して岸際を打っていくものの特に反応はない。遠投してみるか、と新タックルに持ち替える。アンタレスDCとモレーナの組み合わせはすこぶる調子がよい。シングルハンドキャストで離れたストラクチャーも気持ち良く狙っていける。ここで最近仲間内で流行っているスプーンを試してみることにした。

スプーンは鉄の塊だから飛距離がでるし、ぎらりと光り揺らめくアクションはいかにもバラ好みだ。それでいてサイズも大きくないので、対バラの有効性は気になっていたが試していなかった。前回タイのモコリーのツアーでもらった大きめのスプーンでチャレンジしてみる。リールがハイギアだからか、丁度良い抵抗を感じながら巻けるので気に入った。思ったよりもゆっくり巻けるため、底付近のバラにアピールできそうだと考えながら巻いてくると、なんとバラがぴったりついてきた!そして回収直前にチョンとルアーを小突いてどこかに消えた。これはいけるかもとしつこく攻め、フォローでワームまで投げたが再度反応はなかった。

池の奥に移動した。バラがエサを岸に追い込めるようなコースを重点的にトレースする。いままでミノーもシャッドもこのパターンのヒットが多かった。そしてフローター釣行の予想に反した貧果ゆえ、補食モードのバラの多くは実は岸際に潜んでいるのではないかと、推測(言い訳)している。池の角にスプーンを放りこみ、ゆっくり巻いてくる。回収直前、ルアーをひったくって反転する魚体が見えた!すぐにフッキングするも足元の枝にラインが絡まり、テンションが抜けてバレてしまった。お粗末なファイトの結末は非常に悔しいが、天然バラを貰い物のスプーンに初ヒットさせたことは大きな収穫だ。これで私もドップリのスプーナーとなるだろう。

その後も何度か反応があったが、おそらく水路での釣りが一番可能性が高そうだと判断し、来た道を戻る。ロッドをアライくんに戻してフリップキャストでピンスポット狙い。ルアーはシャッドラップ5。答えはすぐに出た。キャストがポイントの奥に決まり、マングローブの根の窪みに潜んでいた小ぶりなバラが飛びついてきた。よっしゃあ!


ルアーによって、またキャストの精度で釣果が変わるので、水路の釣りは分かりやすくておもしろい。釣果登録のため写真を撮っていると、先に水路に戻っていたASHさんから電話がありストップフィッシングとなった。帰りもバスに揺られのんびり帰宅する。いつも池の管理者にお土産をわたすのだが、それを含めても一人あたり300円ほどしかかからない今回の激安釣行は釣果も上がり大満足で帰宅した。

それにしてもアライくんロッドと2500Cの組み合わせは、菅釣りや水路のバラには最高に楽しいセッティングだと思う。これからも一層キャスト練習に熱が入ってしまうぜ。

ベトナム釣行記「今日もまたコロソマと遊ぶ。」

2016年7月9日釣行

久々の土曜休みは、前日からウズウズしてきたのでコロソマ釣行に決定。先週は一時帰国で東京の釣具屋巡りをして、試しにワームとジグヘッドを買ってきた。もともとソフトよりもハードルアーでがんがん釣りたいタイプではあったが、周りのワーム好調ぶりをみると自ら試さずにはいられない。またお気に入りのカウントダウンはすぐに破壊されて割にあわないため、代替品を探していた。

いつもの池に着き、とりあえずいつも通りカウントダウン5から様子を見る。ただ巻き、フォール共に特に反応なく他のルアーに変えて探るも魚からは返事がない。今日はイマイチか?そこで早速ワーム+ジグヘッドを使ってみると、いきなり反応あり。中層ただ巻きと、底のズル引きに反応があり、まずは1本目が簡単に釣れた。すぐに2本目がかかるが惜しくも取り込みでバラす。

これはすごい、ワーム最高と興奮しているところにセキュリティのオッチャンが現れた。あっちに行けといわれて、池から追い出される。理由はよくわからんがまさかこの池は釣禁になったのか?

仕方ないので隣の池を試す。少し粘っていたところ強烈な引きが竿を絞り込む!どうやらナマズの背がかりだ。スレで釣れてしまうことが結構あるので、いつも申し訳なく思う。相当数のナマズが底に溜まっているのだろう。エラにかかっていたフックを外してリリースした。

しばらくやっていると、ゴツンというアタリの直後、ドラグから糸が引き出された。ようやくコロソマが喰ってきた。釣り堀ではあるが、普段と違うポイントで釣れると嬉しいし、釣りの引き出しがまた一段増えた。でもやっぱりバラが釣りたいぜ。