ベトナム釣行記「人との出会い、魚との出会い」

ベトナム駐在時、2016年2月22日に書いた手記です。

その後、ホーチミン市でかけがえのない釣り仲間達と出会い、毎週のようにバラマンディを追い求め、様々なドラマが生まれた。ベトナム赴任時に思い描いていた釣りが出来ていることは本当に幸せなことだと思う。小さな夢を叶えていけば、やがて大きな夢も実現できるはず。今は求める道の先は必ず開けると心から信じている。

そんな仲間との出会いにもいきさつがある。

セオムのおばちゃんのお陰で釣り堀は見つかったが、やはり天然のバラマンディが釣りたかった。まだ出張ベースでホテル暮らしだったが、いつかの機会に備えパックロッドを買った。バックパックにロッド、リール、ひと通りのルアー、メジャー、ツール類を収めスーツケースに忍ばせる。人知れず気分は流行りの怪魚ハンターだ。どこで何が釣れるのかもわからないが、ルアーを眺めて妄想すればワクワクできる。

今回宿泊のホテルは日本人街の近くだった。仕事場のオフィスからは徒歩圏内。連日上司と飲んだ後、フラフラとホテルに戻っていく私の姿を注意深く観察している男がいた。

ある晩、その男からホテル前で日本語で声をかけられる。「お兄さん、いいオンナいるよ」。ニコニコと話しかけてくるその男はポン引きらしからぬ雰囲気があり、路上で立ち話をした。毎晩同じ場所に立ち、旅行客をターゲットにオンナを紹介しているという。バックマージンが10%入るらしい。彼はipadを持ち、いいオンナの写真をみせる。客が気に入ったオンナがいればすぐにLINEアプリで直接連絡をとる。随分ハイテクな商法に恐れ入った。オンナは複数のポン引き紹介ネットワークを持ち、客をとる仕組みだ。そして彼らには縄張りがある。ボスに金を払って路上に立つ。通りの一角はその男と取り巻き数人が常駐し、めぼしい客を見つけるために目を光らせていた。

私にオンナを買う気がないことがわかった後は、無理に紹介してくることはなかった。毎晩仕事帰りに顔をあわせるので会話も増えていく。ある日彼の奥さんを紹介された。彼女はホテルのフロントで働いた経験があり、日本語が少し喋れる。私が日本人で嬉しかったのか、陽気にぺらぺら話しかけてくれる。勤勉な雰囲気の彼女も「お兄さん、オンナほしい?」なんて言うから仰天した。

ポン引きの仲間達の中にガム売りの女の子がいた。英語をネイティブ並みの発音で話すので驚いたが、ベトナム語でも字は全然書けないのだという。16歳。彼女の弟が自転車で現れた。同じくガム売りで、生計を立てているというが、弟はぐうたらで彼女が面倒を見ているという。昔から同じ通りで十何年もストリートチルドレンをしてきたという彼女は、体を売ることを断固拒否してきたので、今でもガムを売る。仕入先はコンビニで、酒場の前で酔客を出待ちして、倍の値段で売るらしい。それでは生計が立たないと思い突っ込んで聞いてみると、本業はやはりオンナのあっせん業。ガムを売って公安に目をつけられないようカモフラージュしているようだ 。

ある仕事帰りの晩、いつものポン引きの兄ちゃんからビールを飲もうと誘われた。ホテルの前のコンビニで缶ビールを買って、いつもの仲間に手渡す。私もご馳走になった。若い男が数人集まり、彼らと並んで座った。ビール片手に通りを歩く観光客を眺めた。たまに兄ちゃんが立ち上がり、声を掛けにいく。客は捕まらないが、特に焦りもない様子。

日本人が珍しいのか話を振ってくれる。いつもの癖で「趣味は釣りです」と切り出してみた。もし相手も釣りが好きであれば、このワンキャストだけで友達になれる。普段接点がない会社の先輩でも、釣り好きであればそれだけで話は弾み、一気に親交を深めることができる。そんな魔法の言葉はなんとベトナムでも通じた、「俺もだ!」。

ベトナムでは魚を良く食べる。川魚、海魚、貝、カニ、エビなんでもござれ。それが理由なのか、他に娯楽が少ないからか、キャッチ&イートの餌釣りは非常に盛んだ。川に架かる橋を渡れば、大抵バイクを脇に止めて竿を出している釣り人に出会えるのがここホーチミン市。

自分のiPhoneのアルバムを開き過去に釣った写真を見せると、ジタバグを咥えたナマズに興味深々の様子。これは何だというので、ホテルの自室から釣り道具が入ったバックパックを持ち出し、ボックスの中のルアーを彼らに見せてみた。

皆一斉に大笑いした。釣れるわけないとバカにしているわけではなく、こんなプラスチックのおもちゃで魚が釣れるということを生まれて初めて知り、それが本当に可笑しいみたいだ。ひとしきりルアーを観察し終えると、皆感心した様子だった。思いがけない反応に嬉しくなり、彼らにルアーを一つづつプレゼントした。ポン引きの兄ちゃんには予備に持ってきていた古いベイトリールを、欲しそうにしていたのであげることにした。

別れ際、週末一緒に釣りに行こうと誘ってくれた。いつものポン引きの兄ちゃんと、若く物静かだけど釣り好きな、刺青を両腕に入れた青年と待ち合わせ時刻まで約束した。バイクで迎えにきてくれるらしい。ついに天然バラへの道が開けるかとドキドキした。

そして金曜日、仕事終わりにいつものように上司と帰宅前の一杯を引っ掛けていた。上司と私は新規事業を立ち上げるべくベトナムに来た、たった二人の赴任者である。得体の知れないベトナムで手探りの業務に二人三脚でもがき苦しんだ。実は上司は日本本社の経営者で、国内市場の縮小と会社の将来を想い自らベトナムにたった一人で乗り込んだ男だ。私は社会人ペーペーであったにもかかわらず、過去の海外経験でたまたま培った英語を武器に、約1年前から孤軍奮闘していた上司の言語サポート役で急遽赴任したのである。

上司は酒で酔いがまわると、よく若かりし頃のヤンチャを超えたヤンチャ話をする。武術にも長け怖いものはないが、唯一ベトナムではよく見かけるヤモリを恐れる、そんな破天荒な彼にポン引き兄ちゃんに釣り場を案内してもらうことを話してみた。

「…….. 。」意外なことに上司の表情が固まった。止めたほうが良いという話になった。上司は単独渡越の時から知り合った数々の日本人が口を揃え「どんなによくても絶対ベトナム人を信用してはいけない」と再三聞かされてきた。悲しいことだが、日本人の一般常識では何が起こるか予想できない国であることは事実だ。想像を絶する異次元の国。汚職、不正、賄賂、詐欺は常。確かに私も不安がないわけでは無かった。

上司という立場では部下のリスクマネージメントという責務がついて回る。これも勉強だと思い、申し訳ない気持ちを胸に翌朝の釣りの約束を泣く泣く断った。そして数日後、ホテルから離れて郊外のアパートに入居した。しばらくして妻子を呼び寄せ新生活が始まった。ポン引きの兄ちゃん達は今頃どうしているかな。結局ベイトキャストの手ほどきができなくてごめんなさい。

ベトナム釣行記「ベトナム・ホーチミン初釣行:セオム兼フィッシングガイドのおばちゃん」

 

 

 

ベトナム駐在時、2016年2月22日に書いた手記です。

昨日バラマンディとチヌを釣った。数年ぶりに魚を捌いて刺身を食した。感動のうまさを噛み締めながら、ふと釣った魚を食べる醍醐味をしばらく忘れていたことに気づいた。

ベトナムでは約二ヶ月ぶりの釣行だ。旧正月が明け、初釣りの思いがけない収穫を記念して、釣り生活をベースとした手記を始めることにする。いつかやりたいと思っていたこと。情報発信を通じて、世界中の釣り人との新たな出会いが生まれることを願って。

私はサラリーマン4年生、辞令を受けベトナムに赴任してきて約2年になる。日本ではジタバグでナマズをよく釣っていたから、ベトナム=メコンオオナマズ=ルアーで怪物ゲットだぜ、そんな甘いステレオタイプな妄想を抱いてホーチミン市に移り住んだ。

今は妻子とアパートに住んでいるが、初めは出張ベースのホテル暮らしだった。そして右も左もわからない街で、釣り場探しが始まった。もちろん平日は仕事に励んだ。

赴任からひと月たち、新しい土地と生活に慣れてきたとある休日、市内を流れる大きな川に目をつけた。私の単純な脳内はベトナム=メコンオオナマズ、だったのでメコン川かと勘違いしていたが、サイゴン川というホーチミン市を象徴する川だ。

願わくばターゲットはバラマンディ。当時まだ釣ったこともなかったが、河口まで近いため、きっと遡上してきているだろう、と都合良く考えた。街を散策中にたまたま流暢な日本語で声をかけてきたセオム(バイクタクシー)の兄さんに釣り場を教えてくれと試しに頼んでみた。なんといきなり案内してくれることになった。それも釣り好きらしい。ラッキー、意気揚々バイクにまたがる。

着いた場所は市内のメコン川と支流の合流地点。たしかに数人の釣り人が水路に竿を出していた。ベトナム語はわからないが、iPhoneを駆使して彼らにナマズやら雷魚の写真を見せて釣れるのか聞いてみた。曖昧な返事だった。きっと釣れないのだろう。

するとセオムの兄さんが「俺の姉さんは大の釣り好きだから、案内してもらえ」と提案してきた。釣り好きの姉さん?これはまたまたラッキー、とバイクにまたがる。到着。見覚えのある場所は戦争証跡博物館。ここで姉さんと運転交代するらしい。

姉さんがきた。どう見ても兄妹に見えない。おまけに言葉はほぼ通じない。大丈夫か、一気に緊張する。ニコニコ元気なおば(あ?)ちゃんは、躊躇する私を後ろに乗せ目的地も知らせぬままエンジンを吹かした。値段交渉もままならず、ええいどこにでも連れて行ってくれ、と半ばヤケクソで風に吹かれた。

ホーチミン市のはずれにバイクを飛ばしていく。幸いiPhoneでマップが見られるため不安はないが、だんだん車がまばらになり、タクシーすら見当たらない細いデコボコ道を抜ける頃はさすがに心細く感じた。

通りは屋外レストランが並んでいた。どうやらこれから釣り堀に案内されるようだ。狙いは天然バラだったが、まあよい。ものは試しということでおばちゃんに連れられて入り口をくぐると人工池のまわりに小屋が並び、カップルや家族連れが釣り糸を垂らし、飲み食いをしていた。

実は釣り堀レストランは経験済み。私は高校生の頃に家族でベトナムのハノイ市に住んでおり、遊びでルアーを投げたことが数回。その当時釣れたことは一度も無い。日本から引っ越した際に父のゴルフバッグに忍び込ませたバスロッドは、結局一匹のローカル魚をかけることもなく、そして釣りの代わりに音楽に目覚めた私はエレキギターに夢中になり、釣りとは無縁のハノイ生活を送ることとなった。その後、また訳あって釣り熱が再燃するのだが、そんな過去がありベトナムで魚を釣りあげることは、回りまわって運命の、悲願の目標の一つであった。

さて、釣り人客の様子を伺うと基本的には竹竿に餌の活きコオロギで釣っているようだ。自前の道具を持ち込んだ家族連れは、大きめのスピニングリールでブッコんだ仕掛けで50cmオーバーのエレファントフィッシュを釣り上げ、記念撮影をしていた。私も早速竹竿とコオロギを手渡され、見よう見まねでやってみた。ウキは何度かヒョコヒョコ動いたが、沈むことなく結局ボウズに終わった。まぁ、ビールを数本飲めて楽しめたかな。

帰り道、釣果はなくても釣り場探しを達成した充実感いっぱいになり、ほろ酔い気分でバイクに揺られ夕日を眺めていた時だった。なぜか私の太ももに手が添えられた。そしておばちゃんが後ろにまたがる私の耳元でささやく。「マッサージしてあげるよ?」ええっ、まさかの夕マズメで高活性!?

予想外の怪物のスーパーバイトに固まったが、さすがにビッグママを釣りあげる竿もタマも持ち合わせていない。セオムの兄さんがいう、「釣り好きの姉さん」はあながち嘘じゃなかった、まさか自分が釣られそうになるとは。

いやだって言ってるのにしつこい。断った末、なんとおばちゃんの娘は若くて綺麗だよと勧めてきた。ええー、娘まで売り物かいな。さらに、途中路地で停車したかと思えば、連れて行かれたのは釣り場ではなく民家。中に占い師がいて、しきりに占いを勧められる。どうせ言葉わからないよ!

さらにホテルまで送ってくれるはずが、不安的中、先ほどの戦争証跡博物館で降ろされた。実はここは外国人観光客目当ての強引な客引きで有名な場所。予想通りおばちゃんはそそくさと逃げて、怖そうなお兄さんたちに取り囲まれる。セオム代金半日分+釣り堀など案内代金約5,000円を請求され、諦めて支払った。つけてる時計もよこせ、なんて言われて本当に参った。

苦い思い出だが、何故こんな話を書いたのか、それは昨日釣れた魚は様々な過去のいきさつがあったからこそ、出会えた魚だと思ったからだ。そして自分の努力だけでなく、家族や仲間の支えが土台にあったからこそ。

今日の一匹は、明日のもっとデカイ一匹を釣るための糧になる。だったら何気なくすぎていく毎日だって、もっと意義深く過ごせるはず。