ツララモレーナ53をベトナムの野良バラマンディやタイのチャドーで使い込んでみた、世界一くどいインプレ

ベトナム在住の釣りの先輩から夜中に突然ラインがきました。
先輩「VNの溜池でバラ狙うならモレーナ53とロイラ52どっち?」
続いて「JetSetter 61C手放したんだ?」
私「私のしつこいブログ読んだんですね?」と聞くと
先輩「うん、くどいブログね。」

最高のお褒めの言葉をいただけたので、世界一くどいツララモレーナ53のインプレをお届けします。実は先日書いた61Cのインプレ記事に登場したのがこの先輩なのです。ロイラ52は現物を見たことも触ったこともないので、ベトナム駐在当時も現在も溺愛するズイールのアライくんロッドをお勧めしたところ、先輩「アライくんは聞いてないから。」と一蹴。。。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2732-1.jpg です
2015年4月、人類史上はじめて(?)ベトナムの池にフローターと釣りキチが浮いた。灼熱のなか、長いジャングルをどデカイ荷物を汗かき担いだ見返りは28cmのバラマンディ1匹。手にしているのはモレーナ53。

さて、2015年2月、61Cとほぼ同時期に購入したモレーナ53は、約2年弱ベトナムの天然バラマンディ捕獲のためにメインロッドの一本として活躍しました。当初デカバラをザラスプークで仕留めるため、またフローターでの使用も考慮したうえでの決断だったのですが、結果としてはアライくんロッド(5.0フィート、3/16oz~3/4oz程度まで多用)ではキャスト時に負荷の大きい1oz級のプラグや、シャッドラップ9などハードジャーキング時にリップ抵抗が大きいルアーや、抵抗がそこまで大きくないルアーでもあえて強く素早くアクションさせる用途のため携行し使い分けていました。

ザラスプークの高速引きは良くてもテーブルターンで丁寧に泡を作るようなアクションはアライくんロッドのほうが使いやすく、フローターにおいては3/8oz程度のルアーでも力を抜いたショートディスタンスキャストだと竿がしなりづらいため、サイドハンドのポイントキャスティングが決まりにくいです。ロンググリップについても座高が低く正面にチューブが邪魔をするフローターでは必然的に横方向にジャークをするため、エンドグリップを腕の上に逃がす、という荒技を繰り出さなければ使えませんでした。

でも、硬くはないです。むしろフルキャスト時にはルアーの重さを胴に乗せやすく、短いくせにそれなりのロングキャストもいけます。要は「強い」ロッドです。そしてグリップエンドの干渉がない丘からの使用においては、自重の軽さとボンバダのいうところ「やじろべえシステム」のおかげでジャーキングがシャキシャキできます。ベストのシチュエーションとしてはデザインの意図のとおり、アマゾンのパワフルファイターに対してボートから3/4oz前後のトップやジャークベイトをピンポイントキャストし、高速でアクションさせるような使い方だろうと、アマゾン行ったことないけど思います。

タイのリザーバーで表層にボイルするカスープを釣った。ボートで活躍するモレーナ53はロッドパワーも十分だが、ロングキャストにおいてはスピニングに分がある。

ベトナムのバラマンディだけでなく、タイの釣り堀や天然湖でも使用しました。パイロット111であれば岸際のカバー打ちフロッグゲームに最適ですし、灼熱のなか延々とジャーキングを繰り返しても全然疲れないロッドです。80cmクラスのバラマンディとドラグガチロックのパワーファイトでもロッド破損の心配なく主導権をもってファイトを堪能できます。天然チャドーの場合はオープンウォーターであれば大丈夫ですが、ボート際のつっこみは2kgちょいクラスでもリフトがきかずオダに巻かれて何度もバラしています。濃いウィードエリアからの引き剝がしもパワーが足りません。加えてヘビーバズベイトの早巻きには、竿先がバネのようにブレてしまい一定のアクションを出すことが難しいため、その用途には6フィート以上XHクラスのロッドがお勧めです。

モレーナ53を使用する上で注意したい点は、特に足元でのバレが起こりやすいことです。スーパーショートロッドでもトップウォータープラッガーが好むグラスロッドのような曲がりやすさがあれば大丈夫ですが、モレーナ53は竿先が入らないので、寄せず、走らせずのような微妙なラインテンションを保ちつつ、突発的な動きに追従することが難しいです。わたしはポッパーでヒットしたベトナムでの自己最大クラスバラマンディをランディング直前にいきなりラインテンションが抜けてバラしています。それ以外にも同じように何本もバラし、苦い記憶として脳に焼き付いています。手前に寄った魚が疲れて浮いていればいいのですが、足元や近距離でヒットし元気なうちに寄ってきた魚に限ってよくバレました。一方、同尺のアライくんロッドは竿先もしなやかで同じような状況でもバレにくいです。

良型バラマンディが釣れたため、もしやの大型に備えてロッドをモレーナ53にチェンジ。幻の80クラスがポッパーに炸裂するも痛恨のフックアウト。本帰国直前、ベトナム最後の最後のバラマンディとのファイトとなった。写真の魚は86MLのスピニンングタックルにて。

道具は適材適所ですが、物の良し悪しはあります。モレーナはシチュエーションにマッチさせれば間違いなく良いロッドです。スナップをきかせたオーバーヘッドキャストなら1/4ozでも十分扱えますし、50g程度のビッグベイトならフルキャストもいけます。その上タフで安心して大物とのファイトに臨めます。でも、ベトナムのため池オカッパリでバラマンディをより効率的に釣るのであれば、ワンランクパワーがマイルドであろうロイラ52を選択すれば、メインルアーとなる1/4ozから3/4oz程度が快適に使えるはずです。同じアマゾンシリーズですからモレーナ53のようにリーダー結束箇所のガイド抜けもストレスない設定となっているかと思います。ちなみにモレーナ53はトリガー直下のコルク部分からロッドエンドのラバーボトムまで計測したところ約28cmあり、HPによるとロイラ52は26cmです(ツララHPの情報より、リヤグリップレンスが同じ箇所を意味していれば)。

ということで先輩へのアンサーは、「アライくんロッド」がオススメです(笑)。て、いうオチだとラインの既読無視されかねないので、もし店頭でロイラ52を触る機会があればグリップが真っ黒になる程しつこく触ってきます。ネットで調べると限定販売らしいのですが、実際のところどうなんでしょう。来週の釣り博2019には残念ながらツララはブースでないようだし、なかなか遭遇できないレアキャラなロッドですね。

先輩、もしロイラ52を買って使ってみたら、インプレ教えてくださいね。
アライくんロッドと入れ替えるかもしれませんので(笑)。

ベトナム釣行記「無人池、ついに怪物と遭遇」

2016年10月23日釣行


いつものようにA先輩にバイクでピックアップしてもらい二人で仲良くバス釣行。はじめにダニ池に行くが、ため池を修理しているらしく急遽無人池に変更となった。釣り場について水面をチェックするとなにやら生命反応がいい感じだ。しかし、岸際を中心にシャッドラップのジャークでリアクションを誘うもアタリなし。

しばらく粘っていると、Aさんにヒット!随分と竿が曲がっており様子を見守っていると、銀の魚体が大ジャンプ!今までに見たことのないようなビッグサイズが姿を現した。何度も横っぱしり沖の杭に巻かれそうになるが、Aさんの執念で寄せてくる。私はボガグリップを握りしめ、絶対にバラさないぞ、と気合をいれる。
顎の一点を狙いボガをかけた。でかい、重い!79CM、6KGオーバーの巨大魚とご対面だ。仲間のキャッチは自分の魚のように嬉しかった。

無人池名物の巨大魚祭りが今年も始まったのか?俄然やる気が出て二本目のビッグサイズを狙うが、その日はこれで終了した。人の魚だが、私も記念撮影をさせてもらった。いつか自分の手で釣ってやる、と誓いをたてた。

ベトナム釣行記「ダニ池単独釣行」

2016年10月16日釣行


先週は父に誘われベトナムに赴任して初めてのゴルフデビューを果たしたが、5、6年ぶりの慣れぬスイングでつい力み、筋肉を痛めてしまった。プレー結果は、もともとド級の下手くそなのでお話にならないレベルではあるが、一緒にプレイした友人のアドバイスを少々聞いただけで空振り三振から途端にボールが飛ぶようになった。アドバイス通り自信を持ってフルスイング、頭はブラさない。この二つを意識しただけで、見違えるほど上達したのだ。この二つは釣りのキャスティングにも通じる要素である。たとえショートキャストする場合も、己を信じてしっかり竿を曲げるとコントロールも良くなる。頭固定の重要性は過去にも記述した通りだ。釣りは生き甲斐であり休みも限られておりなかなかゴルフに気が向かぬが、プレーヤーに迷惑をかけない程度の社交ゴルフスキルは今後のビジネスでも必要かと思う。できれば釣りの接待ができれば最高なのだが。

さて、序盤から話は逸れたが、本題は釣り。今週はカンヨーバス釣行のため、朝5時に自宅を出発しフェリー乗り場へとタクシーを飛ばす。ここのところ大雨が続いており途中の道路は冠水状態。同行者2名はバイクを運転してくると聞いていたので、若干心配していたが予想が的中した。フェリー乗り場で待機していると電話が鳴る。やはり冠水道路を突破できないということで、同行者2名は出発前から戦線離脱した。昨晩の大雨と大潮のタイミングが重なり予想外の水量となったためだ。

これで一人になってしまった。帰宅という選択肢も頭をよぎったが、楽しみにしていた釣行をこのままで終わらせるわけにはいかない。ということで以前からやってみたかった単独釣行を決行した。フェリーもバスも乗れるようになっているし、ベトナム語がわからなくても何とか池の管理人と交渉できるだろう。


フェリーを降り、バスに乗り込み、スマホのGPSで位置を確認しながら目的地を目指す。今日はもともと同行者と無人池のボートに乗るつもりだったが、さすがに一人で操船はできないので、ダニ池の水路撃ちに決めた。バスを降り池の入り口まで歩く。いつも手土産を渡すのだが、今日は同行者にお願いしており手ぶら。大奮発の10万ドンなら問題ないだろうと、紙幣を握り管理人にシンチャオと挨拶する。お金を渡してあっさり関門通過。お茶飲んでけ、なんて気を利かせてくれたが、コンサオ(気にしないで)、シンカモン(ありがとうございます)と私の数少ないベトナム語ボキャブラリでうまく切り抜け水路へと急ぐ。朝マズメにお茶を飲む余裕などないのだとは、ハナから説明できない。


水路に到着し、タックルの準備をする。今日はボート乗船の予定だったのでアライくんロッドと2500cの一本のみだが、水路撃ちにはバッチリだ。さて、どのルアーから攻めるか?やはり本命のジグヘッドリグを結んだ。水路の流れは激流となっており、バラマンディは流れの中心を避けて岸際のくぼみやストラクチャーに着いているに違いない。忍び足で怪しいポイントに近づきフリップキャストでピンポイントを攻めていく。すぐに答えは出た。岸際のくぼみポイントに流れに乗せたルアーを誘導してアプローチすると、まさかと思うほど狭いスペースから魚体が飛び出した!

くぼみから流れに急突進した銀の塊は、はじめ上流に突っ込み抵抗を見せた。もしこの激流に乗って下流に走られたらマズイと思ったが、バラマンディの習性だからか、それともすぐに水門があるので行き止まりと知っているのか、流れに頭を向けた状態で大人しくなった。無事ランディング。釣り開始5分の出来事だ。狙い通り最高の一本、45cm! 天然バラマンディの自己最高記録だ。もしかしたらVADにも入賞できるサイズかもしれない。ブラックバスのフローターフィッシングのようにポイントを予測して、キャストを決め、バッチリ釣れた時の感動に勝るものはない。それにしてもバラマンディとは、流れとストラクチャーが絶妙に絡むポイントであれば、こんなに簡単に釣れる魚だったとは。以前も水路で釣り開始食後に何本もあげているので流れを利用して捕食ポイントで待ち構える魚であることは間違いない。しかし、まだまだ生態の解明調査は始まったばかりだ。


そのあとも水路に絡むマングローブの隙間にルアーを落とし込むと、どんどんバラマンディがアタックを仕掛けてきた。しかし全て突くようなショートバイトでフックアップしない。魚体が見えるのでエキサイティングだが、なぜガッチリ食わないのかはわからなかった。バイト後にルアーを変え探ってみるも無反応。気まぐれではない何か原因があるはずだが、結局手がかりをつかみきれずそのあとはノーキャッチで終了した。本池も一通り試してみたが反応なし。昼頃に流れが変わり、水路から本池に水が流れ混んできたタイミングに集中して流心付近の反転流が巻いているポイントに魚が付いているかと信じて投げ続けたが反応は得られなかった。この日のバイトは水路で計6回、通常では考えられないような状況であった。
納竿、またバスに揺られ帰宅した。

ベトナム釣行記「ビンセン夜釣り」

2016年10月


今日は平日だが、仕事後久々にビンセンに出向いた。というのもVADで知り合ったYさんと食事をしながらの夜釣りに興じるためだ。彼も私も音楽が大好きで、バンドマントークで盛り上がりながらビールと餌釣りを楽しむ企画である。帰宅後すぐに着替えてニャベ地区のビンセンに向かったが、あいにくの大渋滞に巻き込まれる。近頃HCMCの渋滞状況は日に日に悪化する一方だ。インフラを整えなければ、近い将来大問題となることは目に見えている。

恐縮ながら大遅刻をしてビンセンに着くと、すでにYさんは竿を出して楽しんでいた。早速私も竿セットをお借りして、餌の鳥レバー(味の素付き)をノーシンカーでブッコむ。すぐにアタリが手元に伝わりフッキングを入れた途端、横に走る強烈な引き。ファイトを楽しみながら寄せてくると、30cmちょいのコロソマが浮いてきた。キャッチ。続いて仕掛けを投入すると、すぐにヒット。あまりにも簡単に釣れるので、ルアーマンとしては釣るプロセスにおいて物足りなさを感じるが、ファイトは強烈でやり取りのトレーニンングには最適だ。


次に餌を変えてナマズを狙ってみる。Yさんによると、どうやら10kgを超える大ナマズがこの池に入っているようだ。以前55cmオーバーのコロソマを実際に確認しているので、そんな怪物がいてもおかしくはない。ブン(米粉の麺)を飴玉大に丸め、味の素をふりかけて投入。Yさん曰く味の素が決め手らしい。これまたすぐに魚がヒット。確かに味の素効果が出ている気がする。この魚の引きは先ほどとは違い、随分と重たい。予想通り、大きなナマズが上がってきた。3.5kgのグッドサイズだ。合流早々に本命を釣り上げ、Yさんの活性も上がってきた。釣り分け方法はわからないが、ブンが効くのは間違いない。


たまにはこんな気軽な釣りも面白い。竿は置き竿にしてドラグはユルユルに設定。ラインが引かれれば、急いで竿を持ち上げフッキング。空振りもあれば、がっちりかかる時もあり運任せの釣りだ。結局本命はこの一本のみだったが、Yさんも帰宅寸前に本命を一本釣り上げ、楽しい釣行となった。次は家族を連れて、のんびりフィッシングに興じてみようと思う。

ベトナム釣行記「クラゲ池、大物を求めて」

2016年9月24日釣行


先週の怪物遭遇の噂は、衝撃とともに一気にVADメンバーに拡まった。だから今週も行くぜ、クラゲ池。


池に到着すると、早速怪物ポイントに直行する。しかし不発。やはり厳しい。たまにしか訪れないチャンスをなんとかものにするために粘るが移動する。シャッドラップ5を岸際ジャークしているとプルプルとしたアタリがでる。初めてダツを釣った。よく針がかりしたものだ。


その調子で岸際をしつこく攻めているとググンとバイトを感じる。シュガーディープで40弱のバラをゲットできた。そのあとは続かなかったがやはり岸際のカケ上がりは釣れる。