ベトナム釣行記「ダニ池単独釣行」

2016年10月16日釣行


先週は父に誘われベトナムに赴任して初めてのゴルフデビューを果たしたが、5、6年ぶりの慣れぬスイングでつい力み、筋肉を痛めてしまった。プレー結果は、もともとド級の下手くそなのでお話にならないレベルではあるが、一緒にプレイした友人のアドバイスを少々聞いただけで空振り三振から途端にボールが飛ぶようになった。アドバイス通り自信を持ってフルスイング、頭はブラさない。この二つを意識しただけで、見違えるほど上達したのだ。この二つは釣りのキャスティングにも通じる要素である。たとえショートキャストする場合も、己を信じてしっかり竿を曲げるとコントロールも良くなる。頭固定の重要性は過去にも記述した通りだ。釣りは生き甲斐であり休みも限られておりなかなかゴルフに気が向かぬが、プレーヤーに迷惑をかけない程度の社交ゴルフスキルは今後のビジネスでも必要かと思う。できれば釣りの接待ができれば最高なのだが。

さて、序盤から話は逸れたが、本題は釣り。今週はカンヨーバス釣行のため、朝5時に自宅を出発しフェリー乗り場へとタクシーを飛ばす。ここのところ大雨が続いており途中の道路は冠水状態。同行者2名はバイクを運転してくると聞いていたので、若干心配していたが予想が的中した。フェリー乗り場で待機していると電話が鳴る。やはり冠水道路を突破できないということで、同行者2名は出発前から戦線離脱した。昨晩の大雨と大潮のタイミングが重なり予想外の水量となったためだ。

これで一人になってしまった。帰宅という選択肢も頭をよぎったが、楽しみにしていた釣行をこのままで終わらせるわけにはいかない。ということで以前からやってみたかった単独釣行を決行した。フェリーもバスも乗れるようになっているし、ベトナム語がわからなくても何とか池の管理人と交渉できるだろう。


フェリーを降り、バスに乗り込み、スマホのGPSで位置を確認しながら目的地を目指す。今日はもともと同行者と無人池のボートに乗るつもりだったが、さすがに一人で操船はできないので、ダニ池の水路撃ちに決めた。バスを降り池の入り口まで歩く。いつも手土産を渡すのだが、今日は同行者にお願いしており手ぶら。大奮発の10万ドンなら問題ないだろうと、紙幣を握り管理人にシンチャオと挨拶する。お金を渡してあっさり関門通過。お茶飲んでけ、なんて気を利かせてくれたが、コンサオ(気にしないで)、シンカモン(ありがとうございます)と私の数少ないベトナム語ボキャブラリでうまく切り抜け水路へと急ぐ。朝マズメにお茶を飲む余裕などないのだとは、ハナから説明できない。


水路に到着し、タックルの準備をする。今日はボート乗船の予定だったのでアライくんロッドと2500cの一本のみだが、水路撃ちにはバッチリだ。さて、どのルアーから攻めるか?やはり本命のジグヘッドリグを結んだ。水路の流れは激流となっており、バラマンディは流れの中心を避けて岸際のくぼみやストラクチャーに着いているに違いない。忍び足で怪しいポイントに近づきフリップキャストでピンポイントを攻めていく。すぐに答えは出た。岸際のくぼみポイントに流れに乗せたルアーを誘導してアプローチすると、まさかと思うほど狭いスペースから魚体が飛び出した!

くぼみから流れに急突進した銀の塊は、はじめ上流に突っ込み抵抗を見せた。もしこの激流に乗って下流に走られたらマズイと思ったが、バラマンディの習性だからか、それともすぐに水門があるので行き止まりと知っているのか、流れに頭を向けた状態で大人しくなった。無事ランディング。釣り開始5分の出来事だ。狙い通り最高の一本、45cm! 天然バラマンディの自己最高記録だ。もしかしたらVADにも入賞できるサイズかもしれない。ブラックバスのフローターフィッシングのようにポイントを予測して、キャストを決め、バッチリ釣れた時の感動に勝るものはない。それにしてもバラマンディとは、流れとストラクチャーが絶妙に絡むポイントであれば、こんなに簡単に釣れる魚だったとは。以前も水路で釣り開始食後に何本もあげているので流れを利用して捕食ポイントで待ち構える魚であることは間違いない。しかし、まだまだ生態の解明調査は始まったばかりだ。


そのあとも水路に絡むマングローブの隙間にルアーを落とし込むと、どんどんバラマンディがアタックを仕掛けてきた。しかし全て突くようなショートバイトでフックアップしない。魚体が見えるのでエキサイティングだが、なぜガッチリ食わないのかはわからなかった。バイト後にルアーを変え探ってみるも無反応。気まぐれではない何か原因があるはずだが、結局手がかりをつかみきれずそのあとはノーキャッチで終了した。本池も一通り試してみたが反応なし。昼頃に流れが変わり、水路から本池に水が流れ混んできたタイミングに集中して流心付近の反転流が巻いているポイントに魚が付いているかと信じて投げ続けたが反応は得られなかった。この日のバイトは水路で計6回、通常では考えられないような状況であった。
納竿、またバスに揺られ帰宅した。

ベトナム釣行記「ビンセン夜釣り」

2016年10月


今日は平日だが、仕事後久々にビンセンに出向いた。というのもVADで知り合ったYさんと食事をしながらの夜釣りに興じるためだ。彼も私も音楽が大好きで、バンドマントークで盛り上がりながらビールと餌釣りを楽しむ企画である。帰宅後すぐに着替えてニャベ地区のビンセンに向かったが、あいにくの大渋滞に巻き込まれる。近頃HCMCの渋滞状況は日に日に悪化する一方だ。インフラを整えなければ、近い将来大問題となることは目に見えている。

恐縮ながら大遅刻をしてビンセンに着くと、すでにYさんは竿を出して楽しんでいた。早速私も竿セットをお借りして、餌の鳥レバー(味の素付き)をノーシンカーでブッコむ。すぐにアタリが手元に伝わりフッキングを入れた途端、横に走る強烈な引き。ファイトを楽しみながら寄せてくると、30cmちょいのコロソマが浮いてきた。キャッチ。続いて仕掛けを投入すると、すぐにヒット。あまりにも簡単に釣れるので、ルアーマンとしては釣るプロセスにおいて物足りなさを感じるが、ファイトは強烈でやり取りのトレーニンングには最適だ。


次に餌を変えてナマズを狙ってみる。Yさんによると、どうやら10kgを超える大ナマズがこの池に入っているようだ。以前55cmオーバーのコロソマを実際に確認しているので、そんな怪物がいてもおかしくはない。ブン(米粉の麺)を飴玉大に丸め、味の素をふりかけて投入。Yさん曰く味の素が決め手らしい。これまたすぐに魚がヒット。確かに味の素効果が出ている気がする。この魚の引きは先ほどとは違い、随分と重たい。予想通り、大きなナマズが上がってきた。3.5kgのグッドサイズだ。合流早々に本命を釣り上げ、Yさんの活性も上がってきた。釣り分け方法はわからないが、ブンが効くのは間違いない。


たまにはこんな気軽な釣りも面白い。竿は置き竿にしてドラグはユルユルに設定。ラインが引かれれば、急いで竿を持ち上げフッキング。空振りもあれば、がっちりかかる時もあり運任せの釣りだ。結局本命はこの一本のみだったが、Yさんも帰宅寸前に本命を一本釣り上げ、楽しい釣行となった。次は家族を連れて、のんびりフィッシングに興じてみようと思う。

ベトナム釣行記「クラゲ池、大物を求めて」

2016年9月24日釣行


先週の怪物遭遇の噂は、衝撃とともに一気にVADメンバーに拡まった。だから今週も行くぜ、クラゲ池。


池に到着すると、早速怪物ポイントに直行する。しかし不発。やはり厳しい。たまにしか訪れないチャンスをなんとかものにするために粘るが移動する。シャッドラップ5を岸際ジャークしているとプルプルとしたアタリがでる。初めてダツを釣った。よく針がかりしたものだ。


その調子で岸際をしつこく攻めているとググンとバイトを感じる。シュガーディープで40弱のバラをゲットできた。そのあとは続かなかったがやはり岸際のカケ上がりは釣れる。

ベトナム釣行記「クラゲ池、再び」

2016年 9月11日釣行


今週は久しぶりにクラゲ池に出向いた。釣行記を振り返ってみるとおよそ半年前に行ったきり。実はクラゲ池では過去に何度も悔しいバラシはあったのだが、未だキャッチに至っておらず、今回こそ是が非でも初白星を上げたいところだ。


参加メンバーはASHさん、Yさん、K君と私の四人。今回はオカッパリの強みであり、ここのところフィールドで魚影が一番濃いポイントとして睨んでいる岸撃ちをメインに、釣りゲームを展開していくつもりだ。前回のクラゲ池釣行から登場させたレインズのバッカンだが、4本のロッドホルダーがあるため複数のロッドを携行する際非常に重宝しており、私にとってなくてはならないアイテムとなっている。今回は過去最多のロッド4本を持ち込んで、岸際攻めに適したタックルセッティングを研究することにした。


以下持参したタックル。
タックルA: モレーナ53+アンタレスDC+PE3号+リーダー40LBタックルB: Jetsetter61C+カルコン200+PE3号+リーダー40LBタックルC: アライくんロッド+アンバサダー2500CIAR+PE2号+リーダー30LBタックルD: プッシュウォーターML+アンバサダー2500CIAR+ナイロン16LB+リーダー25LB。


タックルAは最近おなじみの組み合わせで、タイ遠征チャドー釣行でも快適に釣りができた。しかし、ザラスプークで釣るには(釣れないが)、巻きが早すぎて自分には操作しにくい。首振りで水を押すようなアクションはやはりローギアが良さそうだ。レッドペッパーや、近頃流行りの怪魚狙いのペンシル等は早巻きを多用するため、ハイギアがやりやすい。タックルBは抵抗のあるシャッドや大きめのミノーをただ巻きするシチュエーションを考えて投入。また、クラゲ池は足場が高く少々長尺の利点を探ってみる。タックルCはおなじみお気に入りのライトタックル。以前釣堀で55cmのバラマンディを釣った際も十分戦えるスペックであることがわかったので、そのルアー重量許容範囲の広さから、トップ、ミノー、シャッドとなんでも来い。ただ、UL表示のパワーよりは十分固いが、シャッドラップ9など、抵抗の強いジャークは苦手。またリールはハイギヤ仕様にしているものの回収や早巻き時のスピード不足は否めない。タックルDは初めてバラマンディで使用するナイロンラインのナチュラルアクションに期待。タックルBとCの中間のパワーで10G程度のフローティングミノーをジャークしてみるつもりだ。


さて、釣り場に着くと早速4タックルの準備だ。同行者は先にそれぞれポイントに入りすでに攻めている。この時間に釣られると非常に悔しいので、大急ぎでセッティングを終える。さて、出陣だ。

まずは前回チェイスがあった小屋周りのカケアガリをトップから攻めてみる。反応なく次はミノー、最後にシャッドを引いてボトムまで探るが異常なし。すぐに移動する。次に同行者2名の間にお邪魔して仲間内でポッパーの実績が高い水深の浅いエリアに入り、2名と同じくポッパーのバイトを誘う。池の隅で水路につながるポイントまで出向き攻めてみるが反応なし。そこにある水門から水が流れ出ていたので同じようにトップからボトムまでワンセットで攻めるが、これもダメ。ということで来た道を戻り、同行者と合流して情報交換をする。どうやらYさんが早々に40アップを一本あげたようだ。奥のカケアガリらしい。やはり、と思いつつも念のため浅瀬のウィードエリアを水深ギリギリのミノーを通してチェックする。すると魚体がギラッとひるがえった!が、フックには触らず。興味本位のバイトか?反応は続かず、奥のエリアに移動を決めた。

ここで大ニュースが飛び込んできた!なんとYさんが巨大バラをラインブレイクで取り逃がしたようだ。彼は以前80オーバーのバラをメンバーで唯一捕獲しており、それは伝説のように語り継がれている。どうやら同じく奥のカケアガリでヒットしたようだ。それも食ったのは水面直下で一番怪しいポイント。私も以前同じ場所でのスーパーストライクをファーストランでフックぐんにゃり逃している。まさか私の逃した魚も80オーバーだったのか?


奥に行くとYさんがキャストを繰り返していた。また横にお邪魔させていただき岸際のマングローブ脇を狙っていく。前回の東京滞在時に中古釣り具屋で見つけたシュガーディープミノーがカケアガリのボトムにいい感じでヒラを打つ。泥底に刺さらず、オダなどもすり抜けられる新たな優秀な相棒が加わった。


岸沿いのマングローブ横にシュガーディープを落としボトムを擦ると速攻ヒット。引きは強くなかったが夕飯サイズにぴったりのバラマンディをゲットした。おそらくYさんも攻めた後のポイントのはずなので、ルアーの選り好みがありそうだ。
その後は例の怪物出現ポイントに入り、もしかしてのおこぼれを狙ったが、そんな甘い話があるわけなく、欲張りのしっぺ返しか、シャッドラップを根にかけロストして釣行終了となった。

今回、正直4タックルの持ち込みは重量的にも、ルアーの絡まりなど煩わしかったが、おかげでタックルB、Dの問題点が見えた。Bは6フィートで若干Aより長いが、特に飛距離の伸びを感じることもなく、またロッド重量は軽いに越したことがないと悟った。Dはナイロンラインに期待したが、スロー気味のロッドアクションと相まってダルすぎる感じがあった。いずれにしても、アライくんロッドと2500cの組み合わせが、私のトレードマークであることに変わりは無い。

ベトナム釣行記「パイロット111の攻略法」

2016年9月

再来月に弟がタイの釣堀、パイロット111に遊びに行くようなので、今までの経験から培った現時点での攻略法方法を彼に伝えるためまとめてみた。あくまで暫定的な情報ではあるが、ご参考まで。

  1. チャドー狙い

推奨タックル例:6ft 前後のMアクション〜のバスロッド、ハイギアベイトリールPE3号〜、ショックリーダー50lb〜。チャドーはPE直結でも案外切れないと現地ガイドに聞いた。

(1)呼吸撃ち:アンダーに反応しやすいようだ。ミノー、シャッド、クランク等。

(2) ランダムキャスト:適当にトップウォータールアーを投げる。速度の緩急で反応あり。私はバズベイト、スイッシャーで実績あり。潜るルアーはゆっくりボトムをトレースする。

(3) 威嚇バイト:最強のいじめ的メソッド。抵抗の少ない重めのバイブレーション(中空でなく)を躊躇なく最高速度で縦横無尽に巻きまくる。鱗がかかったりスレも混じるが、簡単にリアクションヒットする。管釣りチャドー最後の手段。女性でも釣れる。かわいそうになり、すぐ飽きる。

2. バラマンディ狙い

推奨タックル例:6ft 前後のMLアクション〜のバスロッド、スピニングリールPE1号〜、ナイロンショックリーダー40lb〜。管釣りのバラの方が天然よりも歯が鋭い。ワーム使用においてはナイロンリーダー30ldでも飲まれたら簡単に切れる。

喰わせ:ジグヘッド+2〜3inchシャッドテールワームや鉄板ミニバイブ。表層、ミドル、ボトムを試す。リフトフォールやボトム着底からの巻き上げもいける。ケイテックのスイングインパクトは強度が弱い。サワムラのワンナップシャッドはオススメ。できるだけ小さい方が釣りやすい。パイロット以外でも大抵の管釣りで有効。要太軸針、ドラグ設定は針伸び防止のため緩めがマスト。

リアクション:シャッドラップ5を岸際ギリギリに平行に投げて限界の高速巻き。バランスを崩したところにスレきった魚が反応する。おそらく生エサを撒く角池のパイロットだからこそ有効。ワーム野郎の横で爆釣できるから気持ちいい。岸際で魚がティラピアを追っているがルアーに反応しない時に効く。見切られないし、ガツンとくるから楽しい。

エサ撒きタイム:エサのペレットに似てるからかシルエットが小さく浮くポッパーが効果的。デカイ魚はエサ撒きの中心部より外にいるらしいが効果ルアー不明。エサ撒き以外ではポッパーのケツにリーダーをつけて毛針を結べば、アクションなしのほっとけでも食う。初心者でも釣れる。私はPOP-R派。


スレきっている管釣りでは天然狙いとはまったく違う戦法となる。チャドーにはバイブ、バラにはシャッドラップの岸際早巻きが連打でリアクションバイトで釣れる。キャスト数を増やし、ポイントを移動しながら反応する魚だけを拾えば数は伸びるのでは。 スローな釣りはまだよくわかっていない。バラマンディのビッグベイトパターンもあるようだ。


エサ撒き場所が決まっており、魚が集まっている傾向あり。
皿池においては岸際が追い込むときの壁となるから足元が一番釣れるポイントと見ている。最近仲間内で管釣りバラのスプーンがブーム。デカイのを狙って釣る方法は不明。他の釣り人を観察していたところ、ポッパー+毛針かもしれない。